れ っ こう の りゅう みゃく かく。 食道静脈瘤〔しょくどうじょうみゃくりゅう〕|家庭の医学|時事メディカル

痔の用語集

茶腹も一時 (ちゃばらもいっとき)• きぜん[気喘] 37• ま 196• きょじゃ[祛邪] 44• おしん[悪心] 18,170,197• 一知半解 (いっちはんかい)• 一文半銭 (いちもんはんせん)• えいいん[営陰] 15• えづ[暍] 16• 一酔千日 (いっすいせんにち)• きこ[気戸] 245• 維摩一黙 (ゆいまいちもく)• 内視鏡的硬化療法(endoscopic injecion sclerotherapy; EIS)• えんかいないきんしょうこうぐん[円回内筋症候群] 311• あたまはせいめいのふ[頭は精明の府] 3• きたい[気滞] 36,37• この状態が長時間続くと、慢性静脈血行不全となり、うっ血のため血栓性静脈炎をおこしやすく、ときにこの血栓が剥離 はくり して肺に達し、重篤な肺塞栓をおこすことがある。 かいたい[灰苔] 132• えんじょう[炎上] 16,54• きゅうびょう[久病] 43,72• 百姓一揆 (ひゃくしょういっき)• けんぴしょうせい[健脾昇清] 51• イライラ 4,112,181• 霹靂一声 (へきれきいっせい)• 急性大動脈解離には高血圧予防が大切です。 ほかに食道静脈瘤や精索静脈瘤などがあり、痔核 じかく (いぼ痔)もこの一種である。 一計を案じる (いっけいをあんじる)• けいらく[経絡] 49• これは膝下に針を刺して、症状のある静脈内でレーザーを照射し、レーザーの熱で静脈の内側を焼くことで、閉塞させてしまうという方法です。 こうきゅう[拘急] 74,211• 16 最近のコメント アーカイブ• 一樹の陰一河の流れも他生の縁 (いちじゅのかげいちがのながれもたしょうのえん)• ここまで本文です。

Next

静脈瘤

梧桐一葉 (ごどういちよう)• ごこう[五更]55 55• いびょうをちす[已病を治す] 8,196• 腹部大動脈瘤は、最も多い大動脈瘤で、多くは大動脈が左右の脚に分かれる少し上流 手前 にできます。 きらい[帰来] 246• す 120• 一労永逸 (いちろうえいいつ)• えと 14• かんようかふう[肝陽化風] 27,164• 1~0. かんたんしつねつ[肝胆湿熱] 98• けいこつ[京骨] 254• けつべん[血便] 51,102• ぐうこつのえ[髃骨の会] 47• ごぎょう[五行] 6,54• 心機一転 (しんきいってん)• きゅうせじゅつ[灸施術] 123• きけつ[奇穴] 41,48,269• いせつ[胃泄] 5,58,130• 一花咲かせる (ひとはなさかせる)• きょくちょく[曲直] 46,55• 一騎当千 (いっきとうせん)• きゅうきょう[九竅] 30,83• 一肌脱ぐ (ひとはだぬぐ)• 一家を支える (いっかをささえる)• かんねつびょう[肝熱病] 27,168• こうかつ[口渇] 72,169• 盆と正月が一緒に来たよう (ぼんとしょうがつがいっしょにきたよう)• 一視同仁 (いっしどうじん)• いし[遺矢] 7• あぜけつ[阿是穴] 2,3,48,185• 一致団結 (いっちだんけつ)• きょう[恐] 38,45• こうすうみゃく[洪数脈] 138• 一挙両失 (いっきょりょうしつ)• 一遊一予 (いちゆういちよ)• 一暴十寒 (いちばくじっかん)• かいし[恢刺] 24,91• きもん[箕門] 248• かいひょうわちゅう[解表和中] 24• 一天万乗 (いってんばんじょう)• 凡聖一如 (ぼんしょういちにょ)• 一治一乱 (いっちいちらん)• 硬膜動静脈瘻はこんな病気 脳は、頭蓋骨の内側で硬膜という厚い膜に包まれています。 一葉知秋 (いちようちしゅう)• 理学的検査 308• 肛門鏡診(こうもんきょうしん) 肛門鏡(こうもんきょう)という器具で肛門管を押し広げ、内部の状態を観察する診察方法。 基本となるのが、対症療法の「圧迫療法」です。 こうさん[口酸] 73• 下着を少しずらすだけで診察できる。

Next

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)について(10月)

軌を一にする (きをいつにする)• 尋常一様 (じんじょういちよう)• けいがいきけつ[経外奇穴] 48• かじゃ[火邪] 21,23• いんきょないねつ[陰虚内熱] 9• 一夜十起 (いちやじっき)• 一難去ってまた一難 (いちなんさって)• そ 136• けいぼんねっとてすと[Kボンネットテスト] 314• かんがい[肝咳] 26• 一を聞いて十を知る (いちをきいてじゅうをしる)• な 163• 一網打尽 (いちもうだじん)• 東洋医学用語 1• えぶんしょう[衛分証] 14,15• あい[臆] 2,47• いねつ[胃熱] 147• 一敗塗地 (いっぱいとち)• 肛門の皮膚を保護したり、肛門のすきまを閉じて、便汁やガスが漏れるのを防ぐ役割がある。 かんそうべん[乾燥便] 27,152• ぐうし[偶刺] 47,91• かんけっきょしょう[肝血虚証] 141• きつぎゃく[吃逆] 2,16,42,128• 一士諤々 (いっしがくがく)• すなわち、静脈瘤が立位により著しくなり、足の挙上によって消える場合には一次性静脈瘤と考えられ、症状に応じて手術なども考慮します。 精神一到 (せいしんいっとう)• 一も二もなく (いちもにもなく)• 一丘一壑 (いっきゅういちがく)• かんたんかおう[肝胆火旺] 26• いいんきょ[胃陰虚] 147• 一事が万事 (いちじがばんじ)• 万緑一紅 (ばんりょくいっこう)• 物我一体 (もつがいったい)• さらにはバランスのとれた食生活、適度な運動、ストレスを溜めないことも大切です。 え 14• あせがよくでる[汗がよく出る] 2• 破顔一笑 (はがんいっしょう)• 一筋縄では行かない (ひとすじなわではいかない)• 痔瘻(じろう)の初期症状としてのものが多い。 おんはいかたん[温肺化痰] 19• 即時一杯 (そくじいっぱい)• かっけつ[活血] 25• かんろう[肝労] 70• こうけい[後渓] 250• きゃくしょう[客証] 42,101• Mebio 19:8,2002• くしゃみ 46• 満場一致 (まんじょういっち)• あしのけついんかんけい[足の蕨陰肝経] 238,261• きょくじょうじんたい[棘上靱帯] 286• かしつ[化湿] 21• 一杯一杯 (いっぱいいっぱい)• 側枝型静脈瘤(孤立性の静脈の拡張・蛇行)の場合は、硬化療法で治療できる場合と、静脈瘤に逆流している元を結紮する、または結紮して硬化療法を行う。 いんこうちょうつう[咽喉腫痛] 12,169• げんうん[眩暈] 52,198• 一心不乱 (いっしんふらん)• ごか[五果] 65• こうこく[合谷] 243• 1 脳血管内治療 足の付け根の血管からカテーテルという細い管を入れ、異常血管の近くまで送ります。

Next

食道静脈瘤〔しょくどうじょうみゃくりゅう〕|家庭の医学|時事メディカル

かんきうっけつしょう[肝気鬱結証] 141• あかばな[赤鼻] 2• 一から十まで (いちからじゅうまで)• 終始一貫 (しゅうしいっかん)• 地獄の一丁目 (じごくのいっちょうめ)• 老いの一徹 (おいのいってつ)• 板子一枚下は地獄 (いたごいちまいしたはじごく)• いんげき[陰郄] 249• 勧百諷一 (かんぴゃくふういつ)• 一笑を誤る (いっしょうをあやまる)• ごうびょう[合病] 74,212• かんぽうやく[漢方薬] 29,80,134• きょくえん[曲垣] 250• かき[化気] 21• かくかん[膈関] 253• 一団和気 (いちだんのわき)• あじがわからない[味がわからない] 2• きゅうし[きゅう師] 43• きょうふう[驚風] 20,45• かぜをひきやすい[風邪を引きやすい] 20• かんひ[脘痞] 29,183• 屈伸運動などで下肢の筋肉を動かすとポンプ作用で血液が流れやすくなります。 かんじんいんきょしょう[肝腎陰虚証] 26• きか[季夏] 42• えんしょく[厭食] 3,16,18,170• 一望千頃 (いちぼうせんけい)• かねつないせい[火熱内生] 21• かげん[下元] 20,81• きょくかきん[棘下筋] 288• いふう[胃風] 6• こうくつつう[後屈痛] 314• えんしん[員鍼] 17,32,80• 一方通行 (いっぽうつうこう)• けんうん[健運] 51• 胸部大動脈瘤は、大動脈が弓のように大きく曲がった部分 大動脈弓 に多く起こります。 がいかんひょうきょしょう[外感表虚証] 23• かおつうらく[化瘀通絡] 21• おこりっぽい[怒りっぽい] 17• こうこう[膏肓] 75,253• いどう[維道] 260• えんいせんけつ[遠位選穴] 17,133• 一言居士 (いちげんこじ)• 頑固一徹 (がんこいってつ)• がすがでる[ガスが出る] 20• ここから血管の中に、塞栓物質といわれる液体や粒子を流す、あるいはコイルという金属の糸を充填して、シャントの部分を閉塞します。 。 娘一人に婿八人 (むすめひとりにむこはちにん)• 一炊の夢 (いっすいのゆめ)• なお、下肢静脈瘤の多くは、1次性静脈瘤(ふくれている、または蛇行している静脈そのものに原因のあるもの)であるが、似た症状で2次性静脈瘤(ふくれている、または蛇行している静脈瘤以外に原因のある静脈瘤)があり、これは深部静脈血栓症(かつてエコノミークラス症候群と呼ばれていた)が原因であることもあり、深部静脈が開存していることを確認した上(1次性静脈瘤と確認した上)で、治療しなければならない。 一所懸命 (いっしょけんめい)• かんしょう[寒証] 28,174• きれい[喜冷] 42• げかん[下関] 245• 一体全体 (いったいぜんたい)• くんしゃく[薫灼] 47• 脳動脈瘤「のうどうみゃくりゅう」治療 脳動脈瘤の治療は、以下3つの治療法よりいずれかが選択されます。 一月三舟 (いちがつさんしゅう)• 一縷千鈞 (いちるせんきん)• きくだる[気下る] 38• おんい[温胃] 18• げんき[元気] 33,52,170• む 197• きょうきんしつう[強筋止痛] 46• きれじ[切れ痔] 30• 一生不犯 (いっしょうふぼん)• きけつしんえきびょうしょう[気血津液病証] 35,37,50,51,107,114,150• かんねつ[肝熱] 27• えし[衛刺] 15• こうじんたい[項靭帯] 286• 一二を争う (いちにをあらそう)• 一口両舌 (いっこうりょうぜつ)• おんきゅう[温灸] 19,124• あしごり[足五里] 262• くうつう[空痛] 8,47• いんこう[咽喉] 12• うんびょう[温病] 14• かんいんふそく[肝陰不足] 141• こうきほう[行気法] 73• いしゃ[意舎] 253• いかんつう[胃腕痛] 5,17,107,187• 急性大動脈解離が比較的見たら分かる病気でもあるので、CTを撮って診断できれば手術で7割8割は助かるそうです。

Next

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)について(10月)

一宿一飯 (いっしゅくいっぱん)• おんる[温溜] 243• 一字一句 (いちじいっく)• あかぎれ 2• 一念発起 (いちねんほっき)• 足に小さなこぶがぼこぼことできていたり、血管が浮き出て見えるような症状がある場合には、一度医師に相談しましょう。 きしけつたいおうはいけつほう[起止穴対応配穴法] 42,179• ごし[五支] 56• 一寸先は闇 (いっすんさきはやみ)• いんきょちじつ[因虚致実] 176• 一挙両得 (いっきょりょうとく)• 一癖も二癖もある (ひとくせもふたくせもある)• 食道壁内の静脈がふくらんで数珠(じゅず)玉のようにつながったもので、やぶれると大出血(吐血、下血)を起こして生命がおびやかされることがあります。 かたんきょしつ[化痰祛湿] 21• 一心同体 (いっしんどうたい)• えんちん[宛陳] 16• 一筆抹殺 (いっぴつまっさつ)• こ 53• きょみゃく[虚脈] 32,45,137,210• ncvc. かきこうすい[化気行水] 21• 静脈を焼灼した断端にできたが深部静脈に伸展することがあり、ほとんどの場合には1か月程度で消失するが、この血栓が心臓、肺へ流れていくと急な呼吸困難に陥り、命にかかわる危険性がある。 けい[痙] 48• こしけ 53• きょじゃ[虚邪] 44,56• 輪奐一新 (りんかんいっしん)• 三国一 (さんごくいち)• 股関節をまげて、おしりを突き出すようにする。 。 。

Next

静脈瘤

。 。 。 。 。 。

Next