ブレスオブザワイルド 最高傑作。 あえていおう。あらゆるゲームの最高傑作は「ブレス オブ ザ ワイルド」であると。|ゆきぼう|note

【翻訳】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外レビュー・評価・メタスコア【BotW】

「ゼルダの伝説」シリーズの最新作「ブレス オブ ザ ワイルド(BotW)」はかなり期待していたし、Nintendo SwitchのJoy-Conを握る前から「これは傑作だろうな」という先入観があったことは否定できない。 ハートを回復するためには食事しなければならないが、ハイラルにレストランはない。 だが、その安定感こそが成長の妨げになっていたのではないだろうか。 マップ広すぎで移動が面倒すぎだし、スタミナゲージが邪魔すぎだし。 100点 ディレクター藤林秀麿、プロデューサー青沼英二、そして任天堂のチームは「ゼルダ」を根底的に再定義しました。 成功させるとのようなスロー状態になり、連続攻撃 ラッシュ が可能になる。

Next

【翻訳】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外レビュー・評価・メタスコア【BotW】

<目次>• はっきり言って、これより品質の高いゲームをプレイしたことがないと思う。 ゲームに限らず、過去の尊い作品が美化されるのは当たり前のことで、後の世に現れる作品群はそれらの「想い」とも戦わなくてはならないという宿命を持っている。 僕がひと口ダンジョンと呼んでいる試練の祠は世界各地に点在している。 どこに行ってもいいし、行かなくてもいい ストーリー的に何個かはこなす必要があるけれど、別にやらずにずっと草刈っててもいい。 そして、ゲーム体験のリニア化が叫ばれて久しい現代のゲームにおいて、誰がやっても唯一無二の体験が出来るという、誰もが思いつきながら誰も成し遂げることの出来ないゲーム体験をもたらすことに、BotWは成功したのである。 3日どころじゃなく何年規模で。

Next

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドは最高傑作でした

藁葺き屋根の日本家屋が軒を連ねる村、搾りたての牛乳と栄養満点の卵が名物の山奥の牧場村。 IGN本家のJose Oteroが満点をつけただけでなく、BotWはすでにありとらゆるメディアで傑作と評価されていた。 本作の人気と評価を考えれば、おそらく次回作もオープンワールドになるのではないかと予想されます。 このゲームはオープンワールドゲームの新しい時代の幕開けを感じさせてくれた。 マップの広さは『トワイライトプリンセス』の約12倍に相当。 1か月以上は余裕でプレーヤーの興味を引き続けるタイプのゲームであり、それまで興味のあったゲームの存在を一時的に忘れさせてくれる。 時には大成功して、回復量が多いアイテムになったり、時には失敗して、得体のしれない食べ物になることも... ただ世界が広いだけのオープンワールドというわけではないのが魅力です。

Next

ゼルダBotWは歴代最高傑作か否か。そろそろ総括しようじゃないか。【ブレス オブ ザ ワイルド】

攻略上もその場のリソースを最大限に活用することが求められる。 今までSwitchでは『スプラトゥーン2』が屈指の神ゲーだと思っていましたが、本作もハードごと買ってでもプレイしろと言いたくなるレベルの神ゲーでした。 だが、手に入るアイテムの順番がフラグ解除を兼ねており、大体の進行は誰がやっても似たようなものになる。 しかし本作では かなり序盤からすべてのアクションを使用すること ができ、 更にあらゆる山を登る事ができて、 ほぼすべての場所を自由に進めます! 一応道はありますが、 道なき道を登って村などにも侵入可能です! 更に世界中を回って更に強くなることも目指せますし、 いきなりラスボスに挑むことも可能です! 僕はゼルダが大好きだが、自分なら満点をつけるタイトルは今までなかった。 このゲームのコンセプトは「これまでのゼルダのアタリマエをみなおす」であるが、同時にオープンワールドゲームの常識をも覆してしまったのだ。 今までのはストーリーが一本道であり、 主人公リンクが使えるアクションが徐々に増えていくもので 最初は ほとんど何もできないような状態です。

Next

Choke Point

『時のオカリナ』も、私が10代の時に同じマジックを再現することに成功していた。 壺や箱などを壊すと食料や矢やこそ出てくるものの、前述の通り 取って回復するハートが出てくることは一切無い。 すなわち、ダンジョンにはパズル要素があり、そのパズルを突破するには決められたアイテムが必要であり、自ずとどのようにゲームを進行すればいいかがわかる。 『ガードジャスト』と『回避ジャスト』以外にも、敵の弱点を突いていけば意外とあっさり倒せる敵も多くいます。 フィールド全体がギミックとして機能しており、序盤で使えるようになるなどを用いて岩や鉄の塊を敵にぶつけたり、遠くから蜂の巣を弓で射落として蜂に敵を襲わせたりという意外なプレイも可能となっている。 リンクは100年間の眠りから目覚め、ガノン討伐を目指すことになります。

Next

【ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド】面白い?つまらない?感想・評価レビューを紹介!

km ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス : 0. ファミコン時代の『ゼルダ』の特徴的な本質を見事に再現しており、温かみと親しみやすさだけでなく、エキサイティングで斬新にも感じられるのだ。 もちろん読み込み時間もなくシームレスに。 バトルにもいくつかの新機能が追加されているが、オープンワールドであることは、戦略を根本から考え直すきっかけとなっている。 だが、結局のところ、BotWはどこまでもゼルダだ。 『ゼルダ』の最高傑作であるというだけでなく、恐らくは任天堂の最高傑作でもあるだろう。 壮大なスケールにもかかわらず、『ブレス オブ ザ ワイルド』は技術的不具合が楽しさを削ぐようなことのない、任天堂らしい完成度の高さを維持している。

Next

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」レビュー

プレイヤーに自由を与えるこのようなゲームは数多くあるが、ここまで魅力的で完璧なゲームは、ほぼないだろう。 私が初めて満点を与えたゲームとなった。 任天堂が全てを注ぎ込んだゲームだ。 Switchであろうと他のゲーム機であろうと、私にとってこれ以上の体験は存在しない。 神ゲーだった。 それこそが常に『ゼルダ』の真髄だったし、『ブレス オブ ザ ワイルド』は、スクリプト制御ではなくプレーヤー自身がゲーム・システムと触れ合う中から自然と湧き上がってくるそうした瞬間を中心に、ゲーム全体を構築しているのである。

Next

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」レビュー

不定期に月が赤くなり、ガノンの魔力が世界全域に及ぶほどに増大し、倒した魔物や拾った武器が元の場所に復活するというもの。 なんならいきなりラスボスの城へ乗り込み、速攻で世界に平和をもたらしてもいい。 これは並大抵のことではない。 新しくもゼルダらしい• 風の音、雨の音、鳥や虫の鳴き声、川が流れる音など。 ゲームの面白さを損なうようなレベルのものじゃないですけど、文字送りを飛ばせるようにしてほしかったのと、アイテム売却はまとめて選択して売るってことができるとありがたいなと思いましたね。 主な魔物• 台地でのチュートリアルが終わるといきなり広大な世界に放り出されるため、全てはプレイヤー次第ということになる。

Next