二子 玉川 堤防。 二子玉川ライズ 公式サイト

二子玉川ライズ 公式サイト

筆者撮影 「多摩川の氾濫が起きたらどうするんだ」といわれたマンションは、しっかり対策が考えられていたわけだ。 その眺望をセールスポイントとする飲食店も立地しており、営業上の死活問題にもなる。 それは、二子玉川駅から徒歩2分に建ち、同駅のホームからもよく見える大型マンション。 多摩川から数百メートルのところに自宅がある自営業の男性(69)は「自宅3階からずっと多摩川の様子を見ている。 だから堤防を作ろう」という堤防建設ありきの発想が露骨なプロジェクト名である。 京浜河川事務所からすれば、今回の玉川地区の氾濫を未然に防いだ防波堤増強工事については、当然の業務をしているだから、世間に注目されることなど全く気にしていないのかもしれません。

Next

*ブラタモリ、「二子玉川に堤防がない理由が川の景観を売りにする店などからの反対により。。」

第一に三菱地所に対する抗議要求運動と位置付けたことである。 第二期工事は、まず2010年4月にはIIb街区が「二子玉川ライズ・バーズモール」として、およびIb街区の北棟が「二子玉川ライズ・オークモール」として先行オープンした。 ふだんは堤防を開けておいて、増水したらゲートで閉じるってことね。 この点については国土交通省にも配慮が見られる(国土交通省・前掲資料)。 私はその当時の現場を良く訪れる機会があったので、そのときの立て看板のことは良く覚えています。 これに対して、住民は「内部では役割分担があっても全体が一体として工事をしており、人間の住む環境を破壊している。

Next

二子玉川

氾濫の規模がもっと大きければ、マンションの建物に到達しただろう。 住戸によって大きさに差があるが、かなりの大型になる。 その水光亭が景観上の問題となる堤防建設に大反対したために、仕方なく、水光亭の裏手に(水光亭と多摩川の間ではなく)、堤防を建設したのです。 東京都と神奈川県の間を流れる多摩川でも氾濫が起きた。 住宅棟の南側に小学校の増築予定地がある。 貴重な赤レンガ施設なんだから。 こうなると堤防建設の賛否は自然や眺望・治安を優先するか、水害防止を優先するかという問題と位置付けられてしまう。

Next

109シネマズ二子玉川(二子玉川ライズ)映画館、シネコン、上映スケジュール

それを感じさせるために、いくつかの工夫が凝らされている。 下記画像の緑の部分が未だに 堤防が整備されていない、 およそ540mの区間となります。 特にに二子玉川園が閉園してからは、「二子東急」(再開発事業の進捗により閉館 )などが残っていたものの、跡地にはアトラクション施設やなどが次々と開園と閉園を繰り返し、活気を失っていた。 各住戸に設置される防災備蓄倉庫の例。 地域住民の反対運動 地域住民の反対運動の経緯は、にまとめられていますが、10年ほど前の2009年8月に放送された情報番組「噂の東京マガジン」(TBS系 の人気コーナー「噂の現場」でも取り上げられました。 堤防未整備である二子玉川駅から上流側(コヤマドライビングスクール二子玉川校付近)までの沿岸について、第1回ワーキングでは堤防の高さを確保する整備案として、全区間を土の堤防とし河岸の樹木はすべて伐採する案が出され、「堤防整備」「環境」「動線」「その他」について意見が出されました。

Next

二子玉川地区水辺地域づくりワーキングについて

通常は行わない増水期にも工事を進めようとする。 高い堤防を築けば、エリアのムードは一変する マンションが建つ一帯では、以前から新たな堤防を築くべきではないか、という議論があった。 堤防に対する根本的な反対理由は必要性の欠如である。 この点について国土交通省の説明資料では以下のように反論する。 工事のために多摩川に沿って植えられている樹木も伐採された。

Next

多摩川の氾濫は二子玉川で堤防の反対運動があった場所だった。

ではなぜそもそもこの地域に堤防が作られていなかったのか? それは、この地域の歴史的経緯に原因があります。 日本のプチ・ブルには不正に直面した場合に不正そのものと戦うことよりも、不正を前提として、その中で上手く泳ごうとする弱さがある。 写真左手側が多摩川となり、堤防と多摩川の間にマンションが建っている。 (一部県を除く) また、大阪府につきましては終映時間が19時を超える上映回に、16歳未満の方は保護者同伴でないとご鑑賞いただけません。 それは二子玉川ライズ訴訟の証人尋問で、再開発組合側の弁護士が反対する理由の説明を要求したことが象徴している(林田力「二子玉川再開発差し止め訴訟控訴審証人尋問 下 」PJニュース2010年4月15日)。

Next

二子玉川地区の河川氾濫は人災か? 堤防建設問題を反対派と国交省に直撃《台風19号水害》

堤防建設に反対する住民は、「二子玉川の環境と安全を考える会」を結成し、プラカードや看板を現場に大々的に設置して、反対運動を繰り広げました。 堤防整備計画を進めようと説明会なども度々行ってきたが、「景観を大切にしてほしい」「家をのぞき見られる恐れがある」といった声が根強く、同意を得られていなかった。 命とどっちを取るのか、100年に1度の災害というけど本当にそうなのか、議会でも提案して考えなければならない」と堤防の必要性を訴えた。 我々は上流側の堤防には関与していないのです」(副代表の男性) (引用おわり) つまり、住民の反対運動にも関わらず、堤防工事は進み、2010年には住民側が差し止めを申請したが棄却され、2010年頃には堤防は完成しました。 もともと二子玉川南地区は景観を売り物にする料亭があり、堤防建設に反対したという歴史がある。 この問題は、2009年8月に放送された情報番組「噂の東京マガジン」(TBS系 の人気コーナー「噂の現場」でも取り上げられた。 - 閉園。

Next