皆川 明。 イッタラ×ミナ ペルホネン、皆川明による鳥のモチーフをあしらったホームコレクションを発売

皆川明ワールドを堪能 京都の「ミナ ペルホネン」を訪ねて

皆川 この部屋を抜けますと、 次はぼくの挿画をまとめた場所になります。 受賞歴 [編集 ]• 「せめて100年つづくブランドに」という思いでファッションからスタートした活動は、その後、インテリアや食器など次第に生活全般へと広がり、現在ではデザインの領域を超えてホスピタリティを基盤にした分野へと拡張しています。 『particle of mina perhonen 粒子』粒子展実行委員会、、2003年11月。 服、絵画、さらに人生100年時代の幸せな生き方のデザインを目指す、異色デザイナーの頭の中に迫る! 日曜美術館ホームページより ゲスト 皆川明 (デザイナー) 深井晃子 (服飾研究家 キュレーター) 糸井重里 (コピーライター ほぼ日刊イトイ新聞社長) 谷川俊太郎 (詩人) ミナ ペルホネンと皆川明さん だいぶ古い話になりますが、 わたしは名前から想像して「ミナ ペルホネン」とは北欧にあるブランドに違いないと信じていた時期がありました。 また、皆川さんには以前、Sghrのグラスを2種類デザインして頂きました。

Next

ミナペルホネン : minä perhonen

イイノさんは1967年生まれということなので、皆川さんと同じ年なんですね! 武蔵野美術大学を卒業してガラス吹きをはじめたイイノナホさん。 美術学部生産デザイン学科客員教授。 生地は日本の職人の技術力の高さに注目。 『ミナ ペルホネンの時のかさなり』皆川明、文化出版局、2014年10月。 「左上の鳥は、右下よりもやや若い。 生地や衣服、インテリア、 食器などのプロダクトはもちろん、 デザインの原画、映像、印刷物や皆川さんの挿画など、 創作の背景を浮き彫りにする作品や資料も たくさん展示されています。 とくにスタイルは決めてないんです。

Next

皆川明とは

トミタ はーー、小さな額に入れて飾りたいね。 で、なんでそうなるかというと、 人が「浅い」ということにすごく怒るんです。 主にウィメンズウェアを展開。 その中からいくつかを紹介します。 ジャンボ うわー、たくさんありますね。

Next

「自分たちは変わらない」 皆川明さん新作壁画で:朝日新聞デジタル

テキスタイルのデザイン原画も プリント・織物・刺繍と様々な方法で表現されたテキスタイルの原画は、実際の生地とともに展示。 武蔵野美術大学彫刻科卒業後、 吹きガラスを始める。 皆川さんだって、 「明後日までに新作のテキスタイルを、 絶対に5点つくってください」って言われたら、 皆川さんはきっとできますよね。 庭にはこんな可愛い手作りの巣箱も。 スガノ このうずまきは意外とおちつくね。

Next

皆川明とは

糸井 その鳥の絵は表には出ないわけだから、 つまり、溺れる者の「藁」なんです。 わたし達が寄り添いたいのは、ひとりとひとりの日々。 、「オモテウラ」/ プロムナードギャラリー、• シオリ ねぇ、ねぇ、こっちにはボタンがあるよ! 皆川 それはオリジナルでつくったボタンですね。 生き生きとした図案と、生地になった時の豊かな表情を見て取ることができる。 、ホームランドリーで洗濯できるライン「ミナ ペルホネン ランドリー」スタート。 、4店舗目の直営店「ミナ ペルホネン ピース,」を京都にオープン。 糸井 皆川さんが絵を描きつづけているのも、 ちょっとそれと似てますよね。

Next

「皆川明」プロフェッショナルなデザインと経歴のまとめ

糸井 それって、服の魅力の伝え方としては、 「浅めた言い方」ですよね。 糸井 最近よく「どうしたらアイデアが出ますか?」 って聞かれることがあるんです。 ミナ ペルホネンと皆川明のものづくりとその思考をこれまでにない規模で紹介する本展覧会は、私たちの日常生活やその先にある社会の仕組みについて新たな視点と示唆をもたらすことでしょう。 「一人の人間がものを作って、その人間の寿命を遥かに上回る時間を、そのものが永らえると思うと素晴らしい事だなと思いますね。 、のユニフォームデザインを手がける。 だが皆川は、トレンドはいっさい追わない。 『皆川明100日WORKSHOP スペースシャワーブックス 』・皆川明、、2017年3月。

Next