ノストラダムス 予言 コロナ。 ノストラダムスのコロナの予言を発見!的中か?3つの四行詩の真実【新型コロナウイルス】

コロナウイルスの未来人2062の予言!東京オリンピックは開催?

予言ではなく、最近できた都市伝説だったのかもしれません。 つまりその能力をアメリカの警察も認めていたというわけです。 つまり、コロナウイルスは風に弱い。 そのノストラダムスが残した予言詩の中に、まるで今回の新型コロナウィルス肺炎の流行を予言したような詩が存在していたと海外で話題になっているようだ。 でありながらも、様々な意見や予言、予知を参考にすることも、時に重要かもしれませんね。

Next

コロナを想うと『ノストラダムスの大予言』を思い出した。~空から恐怖の大王が降ってくる~

過去の事件や災害をあたかも「予言」の如く四行詩としてまとめたとする説。 その答えを探して占星術の歴史をさかのぼっていくうちに、たどり着いたのはノストラダムス(1503-1566)。 ヒプノセラピストマリアの「サーバーシステム」予言 ヒプノセラピストマリアさんの 「サーバーシステム」という予言方法があるのですが、分かりやすく言うと、マリアさんの 生徒さんをモニターとして、ビジョンを映し出す予知の方法があります。 「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」 この予言は人々の記憶から消え去り、著者のシルビア・ブラウン氏は2013年に亡くなった。 カはめざましい中国の宇宙開発に対抗すべく宇宙軍を創設した。 1962年よりももっと後に生まれている可能性もも考えられる。 この予言書は庶民のあいだで非常に人気となり、当時のフランス国王アンリ二世から王宮に招待も受けています。

Next

20年前以上に新型コロナを予言していた“バルカン半島のノストラダムス”

また、衝突の時期もノストラダムスの予言に一致しています。 なお、ウィルス疾患で記録が残るものはスペイン風邪です。 ノストラダムス ノストラダムスとは ノストラダムスは1500年代のルネサンス期に活躍したフランスの医師です。 「ジャパニメーション」の代名詞として海外でも高い評価を受け、誕生から38年経過した今も世界中で多くのファンに愛されている作品だ。 1999. ンによれば、赤子は男の子である。

Next

西洋占星術で見る、新型コロナウイルス発生から終息への道のりとは?/関西/芸能/デイリースポーツ online

ノストラダムス以外にも、様々な予言などがありますので、興味がある方は関連記事もチェックしてくださいね。 だが、新型コロナウイルスを予言していたのはノストラダムスだけではない。 しかし宗教や予言について研究している専門家は、そうしたソーシャルメディア予言者や霊媒師に対して自己隔離を促している。 まずは一刻も早い収束を祈るばかりである。 「AKIRA」とは大友克洋氏が1982年から「週刊ヤングマガジン」に連載していたSF漫画で、88年にはアニメ映画が公開。 舞台は、2019年の「ネオ東京」。

Next

特別公開中●新型コロナウイルスの大流行をノストラダムスが予言していた!? 「3人の巨人」の団結に希望を/遠野そら・MYSTERY HOT PRESS|ムーPLUS

1973年に祥伝社から発行された五島勉の著書で、フランスの医師・占星術師ノストラダムスが著した『予言集』(初版1555年)について、彼の伝記や逸話を交えて解釈する、という本でした。 ジンギス・カンのモンゴル帝国建国 1206年 は351年前• Penguin Random House 同書のように、新型コロナウイルスは「この世の終わり」の兆候だとする予言者の言葉は、専門家にも食い止める術がない疫病と化している。 ンによれば、 この男こそが、聖が予言した人類滅亡ハルマゲドンで人類を破滅に導く『獣』なのである。 現在、人類が与えられている試練は5月13日まで続くことになるが、14日になれば、ソク飲み会や旅行に出かけていいという訳ではない。 ノストラダムスの『予言集』(百詩篇)の第10巻72番の直訳はこうなります。 アメリカ合衆国の独立 1776年 は219年後• 年に来日した時、バブル好景気に湧き、中国とも友好的な関係を持っていた当時の日本に対し、「好景気も中国との友好な関係も長く続かない」と予言。 何れにせよ、 新型肺炎コロナウイルスが、今後の人類の存亡に関わる重大な一つの要因の一つである可能性はありそうです。

Next

brooketaylorbooks.com : 新型肺炎を予言?、新型ウイルスが招く人類滅亡のお告げという疫病

人類滅亡説を唱える人たちの動機が何であれ、そうした予言は過去に何度も浮上していた。 (CNN) 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。 晩年に『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』を執筆し刊行。 画像は「」より引用 1956年5月13日、ンはこう予言した。 また、東京周辺の東北地方では長らく地震が続いています。 東洋の神秘的思想は壮大なスケールで全世界を席巻し、世界に大きな変化を与える」 つまり、反キリストというニセ救世主が現れるものの、最終的に日本から本物の救世主が現れ、人類を破滅から救うという予言ではなかろうか? 日本は新・令和の時代になり、2020年はがある。

Next