キャント テイク マイ アイズ オフ ユー。 ウィ・ラヴ・フリー・ソウル 3

アルティメイト・フリー・ソウル・モータウン[CD]

テル・ハー 22. LAS ALTENITAS 8. パリの空の下 18. BSでヒッチコックの「疑惑」という映画を見ていたら、かかっているレコードの音楽に子供が「この曲は誰の曲、ビクター・ヘルベルト?」というようなせりふで出てきました・・・曲はレハールの「メリー・ウィドウ」でしたけど。 ハッピー・トゥゲザー 21. まずはその映画のラストに近い歌のシーン、ご覧ください。 ロング・アゴー(アンド・ファー・アウェイ) 19. ザ・ニアネス・オブ・ユー 15. AMORODA 6. 前半はタイトルの「Broadway」が表すようにミュージカルからの選曲になっているようです。 録音はどちらも1953年ということで当然モノラルですが、古い録音の割に音は悪くないです。 Held Over! カシュミリ・ソング 3. アイ・ラヴズ・ユー,ポーギー 27. ジプシーズ・トランプス・アンド・スィーヴズ 20. ハッピー 22. ラヴ・インナ・ホーム 15. フィドル・ダービー このアルバムは「2 on 1」ではなくLP3枚分の「3 on 1」構成で、8曲目までが「Your Dance Date」、9曲目から16曲目までが「American Waltzes」、17曲目以降が「Carefree Rhythms」です。 グラナダ 14. Ba-Tu-Ca-Da 16. ウィ・ワー・ハヴィン・サム・ファン・アット・ザ・コンセルヴァトリィ,ホウェン 23. アンジェリカ 12. 「エウテルペ」は辞書によると「音楽・叙情詩の女神」、うつろなメロディの神秘的で不思議な雰囲気を持った曲です。

Next

【羽生結弦】キャント・テイク・マイ・アイズ・オフユーCan’t Take My Eyes Off You 新FSプログラム提案

マイ・ラヴ 2. Ol' マン・リヴァー 24. 15 ハヴ・サム・ファン• デリカード 13. ぼくの伯父さん 21. アイ・ワンダー・ホワット・ザ・キング・イズ・ドゥイング・ トゥナイト 14. 小さな願い 4. 魅惑のワルツ 7. スタウト・ハーテッド・メン 3. 月下の蘭 11. ビー・ア・サンタ 19. ブラシル 2. スィート・サレンダー 16. この頃にヒットした馴染みの曲が多く、コーラスもさわやかなのでなかなか楽しめる内容。 エレン 4. 最初にこの曲が録音された1967年には、 「Can't Take My Eyes Off Of You」で著作権登録されたのに、 いつのまにか「Can't Take My Eyes Off You」になってしまったということだ。 私はあなたを抱きたい。 「あなたがあまりにも素敵なので、私はあなたから目をそらすことができない。 ZANDUNGA:JESUSITA EN CHIHUAHUA 24. CUANTO LA GUSTA 25. ドゥ・アイ・ヒア・ア・ワルツ 2. Enlloro 24. ボーナス・トラックは男性歌手または女性歌手による歌入りの曲、いかにも当時のアメリカン・スタイルの歌唱で時代を感じさます。 youtubeで見てアリスンクラウスの歌うユーキャントハリーラブに魅了されました。 ケアフリー 7. ストレンジャー・イン・パラダイス 14. ハロー・ドーリー 2. ザ・ブザード・ソング 22. ワンス・アポン・ア・タイム 14. ゴー・ゴー・パ・ゴー 5. HUAPANGO 6. アワ・ラヴ 20. 河は呼んでいる 15. アイ・ガット・リズム 19. ザ・ミニット・サンバ 20. 触れることができたら、私はきっと天国にいるような気分でしょう。

Next

君の瞳に恋してる Can't Take My Eyes Off Of You

プレオリンピックシーズンなので曲選びに慎重になるとは思うのですが そこはプレだからこその抜け感といいますか しっとり感といいますか、シンプルでそれでいて表現が大事といいますか。 スカイバード 11. 13 アイ・ノウ・ユー・アイ・リヴ・ユー• 「サンド・ペブルス」のテーマ 16. ヒーズ・イン・ラヴ 16. オール・ザ・スィングス・ユー・アー 17. オール・スルー・ザ・ナイト 13. ライムス・ハヴ・アイ 18. シェリト・リンド 10. アイム・ゴナ・ウォッシュ・ザット・マン・ライト・アウタ・マイ・ヘア 16. ワン・キス 12. 前半は曲によってはこれまでのパーシー・フェイスとは打って変わって、一体どうしちゃったのと思ってしまうほど現代的なアレンジに驚いてしまいます、例えば「コラソン」「燃えよドラゴン」「燃える珊瑚礁」「ファースト・ライト」、この変貌はこの少し前のアルバム「ツァラツストラはかく語りき」あたりからでしょうか。 オイエ・ネグラ 18. 「これからの人生」はルグランの代表曲、原題は「What Are You Doing the Rest of Your Life」。 イエスタデイ 3. ローラ 16. ビコーズ・ユー・アー・ユー 16. テンダリー 14. オリエンタル・ポルカ 17. 前半、後半ともほとんどがこの頃のパーシー・フェイスのアレンジ・スタイルの特徴である女声コーラスによる歌入り、というよりも歌がメインになっています、歌がないのは「マリー・イン・ザ・モーニング」と「サムシング・ステューピド」の2曲だけです。 ジャマイカン・ルンバ 19. オール・マイ・ラヴ 8. ハッピー・トーク 14. それはさて置きこのアルバムなかなか素敵な曲が詰まっています、ビクター・ヘルベルトは1859年生まれという事なので当然時代を感じますが、旋律には趣があって曲調も多彩で個性的、捕らえどころないBGM音楽とは一線を画しています。 メキシカン・ハット・ダンス 22. キープ・ミー・イン・マインド 22. スノーバード 5. ゲット・ミー・トゥ・ザ・チャーチ・オン・タイム 12. しっとりと美しい「ベンのテーマ」は、あのマイケル・ジャクソンが歌っていたことを知る人は少ないのではないでしょうか。 サレンダー 16. カリビアン・ナイト 16. アイル・テイク・ユー・ホーム 17. 「ジェラシー」はタンゴで知られた名曲ですが、ここでのアレンジはタンゴというよりもパーシー・フェイスらしいラテン色が濃いものになっています。

Next

ウィ・ラヴ・フリー・ソウル 3

「ジス・イズ・マイ・ソング」は「チャップリンの伯爵夫人」から、ポール・モーリア盤の日本語タイトルは「愛のセレナード」となっています。 ブラジリアン・スレイ・ベルズ 6. ザ・ナイト・ワズ・メイド・フォー・ラヴ 6. オイエ・コモ・ヴァ 9. TU SABES 15. 「Tres」(トレと読むのかな?)はジャズのテイストを加えたシックなアレンジ、こういう感じって好き。 ハロー・トゥモロウ 7. ハバネラ 4. しかし実際聴いてみるとこれがなかなか良い!曲自体も素敵だし、それに加えてアレンジ、演奏もまた素晴らしいです。 スウィートハーツ 8. イフ・アイ・ラヴド・ユー 9. ブラシル 13. モーガン 14. 「チコ・ボレロ」「アディオス」の弦の肌触りは何とも言えません。 5 ランナウェイ• トゥ・レイト・ブルース 10. 後半はタイトル通りラテンもの、と言っても情熱的なラテン曲ではなくちょっと憂いを帯びたメロディアスでソフトタッチのものが主体、それもそのはずでカルロス・ジョビンの曲が6曲占めています。 リトル・ドリーマー 21. ジャージーボーイズというクリント・イーストウッド監督の映画(2014)を ご覧になったことはあるでしょうか。

Next

【歌詞】歌詞和訳 Can't take my eyes off of you/キャント・テイク・マイ・アイズ・オフ・オブ・ユー(Tommy february6/トミー・フェブラリー6)の歌詞、タイトルの読み方、意味

プロミセス・プロミセス 15. このアルバムで割と良い感じに思えたのは「アルフィー」「ザ・フォックス」「「ザ・ハート・イズ・ア・ロンリー・ハンター」「ア・ラヴ・オブ・アイヴィー」「アズ・ロング・アズ・ヒー・ニーズ・ミー」。 悲しみのジェット・プレーン 2. アルフィー 20. ミュージカルからの音楽なので、聴き始める前は1曲1曲が断片的で中途半端なんじゃないかという先入観があってあまり期待はしていませんでした。 ビクター・ヘルベルトって誰じゃいと思いながら注文したアルバムですが、解説の単語を拾い読みするとかなりのビッグ・ネームのようです。 緑の風のアニー 16. ア・キス・イン・ザ・ダーク 20. 「サンセット」はグローフェの「グランド・キャニオン」から、原曲ももちろん良いけれどこのパーシー・フェイスの演奏はそれに勝るとも劣りません。 「エルヴィラのテーマ」は「みじかくも美しく燃え」でモーツァルトの曲ですがどういう訳かパーシー・フェイスの作品として表記されています。 フラミンゴ 10. キューバン・セレナーデ 23. このアルバムを聴くと、70年代は良い曲がたくさん生まれた時期だったなぁと実感します。

Next

バックナンバー

ビン・バン・ブーン 12. チコ・ボレロ 22. フレスノ・ビューティーズ 10. エヴリィワンズ・ゴーン・トゥ・ザ・ムーン 23. 後半になってパーシー・フェイスが登場しミッチ・ミラーのイングリッシュホルンやオーボエをフィーチャーした演奏になっていて、合唱団との共演ではありません。 最近の作品は「Of」が省かれた形で書かれることが多いようだが、 どうして「Of」」が省かれるようになったかは不明。 。 イット・マスト・ビー・ヒム 9. GUADALAJARA 23. ダイヤモンドは永遠に 18. スインス・アイ・フィール・フォー・ユー 23. ですのでアリスンクラウスが歌うユーキャントハリーラブの収録されているアルバムがあったら教えていただきたく思います。 シックスティーン・ゴーイング・オン・セヴンティーン 11. コラソン 12. ウォーム・オール・オーヴァー 11. 「ピチカート・ポルカ」はヨハン・シュトラウスの曲ではありません。 パリの橋の下 23. イエロー・デイズ 13. 7 ラヴ・ウォント・ウエイト• ウェディング・ベル・ブルース 7. ワン・アローン 8. ラヴァー,カム・バック・トゥ・ミー 6. キューバン・ナイチンゲール 15. Bon Voyage! 曲中の歌詞は、「Can't take my eyes off of you」となっている。

Next

アルティメイト・フリー・ソウル・モータウン[CD]

ワンダフル・ガイ 19. アイ・セッド・イット・アンド・アイム・グラッド 23. 運が良けりゃ 2. コダクローム 7. 中間の「American Waltzes」はタイトルが示す通りのワルツ曲構成。 バラ色の人生 22. シンシアのワルツ 9. アスコット・ガヴォット 8. アイ・ニード・ユー 5. 14 ドクター・ラヴ• イット・マイト・アズ・ウェル・ビー・スプリング 7. 珊瑚礁の彼方 9. ザ・ウェイ・ユー・ルック・トゥナイト 4. ザ・マーチ・オブ・ザ・サイアミーズ・チルドレン 4. 「ブルー・ミラージュ」は「ブルー・タンゴ」を思わせるタンゴの曲、「ブルー」が付いているので多分意識して作曲したのでしょう。 ウム、ウム、ウム、ウム、ウム、ウム 24. マーチ・オブ・ザ・トイズ 18. ボーブルズ・バングルズ・アンド・ビーズ 17. 因みにタイトルの「KISMET」とは、辞書で調べるとトルコ語で「運命」と言う意味だそうです、またイスラム教のアラーの神にも由来しているそうです・・・なるほど中近東っぽいはずだ。 「ソング・オブ・ラヴ」はシューベルトの「未完成」からの引用、でも作曲者はロンバーグとなっていてシューベルトの名前は全く書かれていません、そりゃないよね。 ちなみに「キャメロット」とは辞書で調べると「Arthur王の宮廷があったという伝説上の町」だそうです。 ラス・マニャニータス 7. 枯葉 18. エヴリシング・アイ・ハブ・イズ・ユアーズ 2. ソリテュード 20. グリーンフィールズ 20. 「シャフト」のテーマ 15. ムーラン・ルージュの歌 16. バザール・オブ・ザ・キャラヴァン いきなりドラの音で始まるスペクタクル映画を彷彿とさせる音楽はいかにも中近東という感じ。 セルピコのテーマ 4. ムーチョ・ガストゥ 2. Kahlua 11. ホエン・ユー・ヘルプ・ア・フレンド・アウト 15. 「オスカー」のテーマ 21. また「サッデスト・シング・オブ・オール」はミシェル・ルグランの曲で、そのアルバムでは「哀しみの奥底に」と言う邦題になっています。

Next