スマート ガシャポン。 ガシャポンブログ

交通系ICカードとWeChat Pay対応カプセルトイ自販機「スマートガシャポン」設置(富士急行)

) これらリツイート数や、コメントの数は、今後の商品の生産数や、 今後のシリーズ展開スピードに、大変参考になります!! こんなに、人気なんだぞー! こんなに、意見要望がきてるんだぞー! と、胸を張って社内会議に望めますので、 是非とも、リツイート、コメントを よろしくお願いいたします! さてさて。 もちろん、昔ながらの硬貨を入れて楽しむ従来型のものも稼働を続けるということなので、カプセルトイの世界が広がるというメリットが大きそうです。 。 また、現在は交通系ICカードのみですが、将来的にスマホなどを使った二次元バーコード決済にも対応する予定だといいます。 また、設定によって商品購入後、タッチパネル上で抽選ゲームを表示するなど、商品購入時のエンターテインメント性を向上させる機能も有している。 2019年4月19日7:30 バンダイは、キャッシュレス決済対応のカプセルトイ自販機「スマートガシャポン」を、2019年4月より国内で初めて本格稼働させたと発表した。 導入による 従来は目視でしか確認することができなかった商品の販売を、電子的に遠隔地で取得できるようになったため、ガシャポン公式サイト内の「ガシャどこ?PLUS」(稼働中)にて、の設置場所と販売商品の情報をお客様に提供することが可能になりました。

Next

【小銭いらずで便利】バンダイがキャッシュレス決済対応“スマートガシャポン”を本格稼働!

もちろん、電力を使わないというアナログならではの長所もあります。 正直驚きました」 都市部では交通系電子マネーユーザーが多く、自販機での電子マネー決済はもはや当たり前。 日本のSuicaをはじめ、交通系ICカードのモバイル対応が世界中で進んでいる。 みずほ銀行とJR東日本が、新たなモバイル決済サービス「Mizuho Suica」を開始。 後はお客様の方で、自由に遊んでくださいませ。 カプセルトイ自販機「スマートガシャポン」(富士急行) 「スマートガシャポン」はバンダイが開発したキャッシュレス決済で商品を購入できるカプセルトイ自販機となる。 Shepard. 「スマートガシャポンも、海外の方が多く集まるロケーションに積極的に置いていきたいと考えています」と近藤氏。

Next

「ガシャポン」までキャッシュレス、Suica対応で初稼働

操作はすべてタッチパネルで可能に。 関連リンク• これにより、従来は目視でしか確認することができなかった商品の販売データを、電子的に遠隔地で取得できるようになったため、ガシャポン公式WEBサイト内のサービス「ガシャどこ?PLUS」(テストサービス稼働中)にて、自販機の設置場所と販売商品の情報を利用者に提供することが可能になった。 読み取り確認の音が鳴ったら、購入する商品の入った自販機のハンドルを回し、出てきたカプセルを取り出します。 現在は第1号として、JR池袋駅に導入されています。 いろいろな疑問が湧いてきたので、東日本旅客鉄道(JR東日本)に質問してみることにしました。 どうやらカプセルトイとキャッシュレス決済は相性が良いらしい。

Next

ガシャポンブログ

All Rights Reserved. 手持ちの硬貨がない時に便利な「スマートガシャポン」ですが、特長はそれだけではありません。 現在は交通系電子マネーのみの対応となっているが、順次、二次元コード決済等への対応拡大を予定している。 消費税率の引き上げや外国人観光客への対応の動きもあり、日本でもキャッシュレス化が進んでいます。 従来のカプセルトイ自販機は小銭が必要なため、小銭を持ち合わせていないと購入できなかったが、「スマートガシャポン」は交通系ICカード等を利用しキャッシュレスで購入することが可能だ。 現在はのみの対応となっていますが、順次、決済等への対応拡大を予定しています。 そんな動きに、硬貨を入れてハンドルを回すという、ある種プリミティブな仕組みのカプセルトイ自販機も対応する時がやってきました。

Next

ガシャポン自販機でSuicaが使える バンダイが「スマートガシャポン」を導入

金額を確認して「購入」ボタンをタッチしたら、読み取り機に交通系電子マネー(非接触型IC乗車券)をかざします。 ,LTD. 商品・物販 この「スマートガシャポン」は、5面の商品販売機と操作用タッチパネル、そして交通系ICカード(Suica、ICOCA、PASMOなど電子マネー機能付き非接触型IC乗車カード)読み取り機がセットになったもの。 カギを握るのはキャッシュレス決済だ。 以下、リリースを引用 キャッシュレス決済対応カプセルトイ自販機『スマートガシャポン』 小銭不要で利便性向上!新型カプセル自販機を国内で初の本格稼働!2019年4月より都内にて本格稼働 関東を中心に順次拡大~公式サイトで自販機の設置場所と販売商品の情報提供が可能に!~ 株式会社バンダイ(社長:川口勝、本社:東京都台東区)は、キャッシュレス決済対応のカプセルトイ自販機『』を、2019年4月より国内で初めて本格稼働させました。 このタッチパネルが様々な体験を可能にする 「スマートガシャポン」には、液晶モニターで楽しめる抽選機能が搭載されている。

Next

交通系ICカードとWeChat Pay対応カプセルトイ自販機「スマートガシャポン」設置(富士急行)

金額を確認して「購入」ボタンをタッチしたら、読み取り機に交通系電子マネー(非接触型IC乗車券)をかざします。 , Ltd. 「ガシャポン」の決済手段として交通系電子マネーを使うことに抵抗を感じないユーザーも少なくなかったのかも知れない。 情報提供:株式会社バンダイ (咲村珠樹). これは爆売れ間違いなし」 購入に対する心理的なハードルをキャッシュレス決済が下げているというわけだ。 子どもから大人まで、今も昔も変わらぬ人気の定番エンターテイメントにイノベーションが起きている。 次に決済方法で「交通系電子マネー」をタッチして選択します。 , Ltd. 一方、キャッシュレスならではのメリットとして、100円単位ではない弾力的な料金設定が可能になります。

Next