オクラ の 育て 方。 白オクラの育て方

初心者向け!オクラの栽培方法・育て方のコツ|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

大きく白い花を咲かせますので、観賞用として栽培されていたこともあります。 土寄せと追肥 オクラは肥料を良く吸収する野菜です。 植え付けの2週間前に、苦土石灰を1㎡あたり100gまき、深さ30cmくらいまで耕しておく。 5、6センチくらいでしょうか。 きゅうりなんて、一日放っておくとお化けきゅうりになりますよね。

Next

初心者でも失敗しないオクラ育て方のコツは水・肥料・温度!

待ちに待った収穫! 放っておくとどんどん大きくなっていきます。 オクラにつきやすい害虫は、ヨトウムシ・カメムシ・アブラムシなどがあります。 根が地下深く、真下に伸びる 日当たり 日向を好みます。 植えつけ 露地でもプランターでも大丈夫ですが、それなりの高さに育つのでプランターの場合は、弱い風でも転倒する…なんて事などが無いように深めの物を選んだ方が良いでしょう。 バジルの植え付け3. その為オクラは暖かくて温暖な南国で主に収穫されるのです。

Next

オクラの栽培方法・育て方のコツ

摘葉する事により水分の無駄な蒸散を防ぎ、養分を莢や新たな蕾に集中させます。 症状のでた葉を発見したら、すぐに抜きとるようにしましょう。 オクラは初心者の方や植える株数が少ない方は苗から育てると簡単に育てられます。 ゴミなどを取り除き、さらに2~3日日陰で乾燥させ、乾燥剤と一緒に封筒や瓶に入れて冷蔵庫で保存します。 となると、少し手間のかかる種からでは無く、園芸店などで 苗を購入して育てる方がロスが少ないかも知れません。 植え付けの1週間前には、1㎡あたり堆肥2kgと化成肥料100gをまき、土とよく混ぜる。 植え付け~収穫までの作業のポイント にわけて説明していきたいと思います。

Next

オクラの栽培方法・育て方【栽培時期は早まき禁物! 密植栽培から切り戻し方法まで】

7〜14日に1度を目安に速効性の肥料を与えます。 実が長すぎると味が落ちて実が硬くなり食べてもまずいですし、おまけに株が弱ってしまうので、収穫適期の大きさになったら早めに収穫するようにしてください。 4~5株ずつ密集させて植えることで、オクラの成長を遅らせ、すぐに実が固くならないようにする密集栽培がおすすめです! その場合、1枚1枚の葉に良く日光が当たるように、下葉をこまめにかいていきましょう。 あの食感と味は他の野菜では代用できません^^ 夏に無くてはならない。 植え付けい週間前までに、堆肥と元肥を施してよく耕しておきます。

Next

オクラ(おくら)の育て方・栽培方法【春植え】

7月20日頃の様子です。 追肥は2週間に一度• サラダで食べたり、天ぷらにすると絶品ですよ。 オクラに触れる時に気を付ける事は、オクラの皮の表面にはうぶ毛がたくさん生えていて、摘み採る時にうぶ毛が皮膚に突きささることがあるので注意してください。 栽培管理によっては、かなり収穫時期が変わってきます。 そうすることで、どんどん生い茂るオクラの風通しを良くできます。

Next

初心者でも失敗しないオクラ育て方のコツは水・肥料・温度!

開花から収穫まで 定植後約1か月位から開花が始まります。 オクラはアフリカで生まれました。 オクラは植えた種が乾燥してしまうと枯れて発芽しないことがよくあります。 植えつけた後はたっぷりと水をあたえてくださいね。 うぶ毛の取り方 オクラは緑のネットに入って売られていることが多く、その場合は水の中でネットごとオクラをすり合わせると簡単にうぶ毛を取ることができます。 酸性に傾いた土壌を嫌うため、苦土石灰を施して良く耕す。

Next