桜を見る会 前夜祭 領収書。 桜を見る会「前夜祭」の不自然な会計処理

「桜を見る会」前夜祭問題でニューオータニ総支配人が文春の直撃に「(即位)晩餐会をやっていただいた」 入札なしの発注に疑惑… 赤かぶ

今となっては捏造かも知れないが、この領収書には「株式会社ニューオータニ」とゴム印のようなものが押され、上部の金額欄に5000円と手書きで記して有ったが、町内会の集まりの際に出されるような簡便なもので、無論ホテルニューオータニの印影も無く、ニューオータニぽいが実は紀尾井町のホテルニューオータニではありませんと言わんばかりのものだった。 2020年1月2日閲覧。 =26日、衆院16控室 撮影:田中龍作= — 田中龍作 tanakaryusaku ヘンだなぁ、参加者は安倍晋三応援団のはず。 いま時間がないと言うのなら別途、正式な記者会見をセットするか予算委員会の集中審議に応じるべきだが、与党は集中審議の開催を拒否。 もうこれ以上、安倍首相の私物化を許すわけにはいかない。

Next

「桜を見る会」前夜祭出席者が領収書を公開し、「領収書は確かにもらった。『個人でホテルに支払う』形式だった」と野党を告発!!各種メディアでも既に報じられていたが、野党はどうするの???

理由は不自然な点が多いからだ。 さらに、データ廃棄のログを開示できない理由についても、「同じシステムを国家安全保障局も利用しており国家機密漏えいの危険が増す」と国会で答弁した。 ホテル側には(少なくとも総額の)明細書があるはずだが、菅官房長官は「営業上の秘密」なので明細書の開示を求めないという。 その使途について、支部の代表たる安倍首相は、きちんと説明する義務があります」. 5月21日には、内閣府の幹部が招待者名簿などを「すでに破棄した」と答弁した。 2019年の会で業務受注した2社(飲食物を提供したと会場設営の)と前の19年1月に打ち合わせをしていた。

Next

安倍首相、明細書の発行受けず 「桜」前夜祭、重ねて主張:時事ドットコム

2020年2月24日閲覧。 疑わしきは罰せずだ。 答弁内容 [ ] 安倍晋三内閣総理大臣 [ ]• ホテル側から「辻元議員にはあくまで一般論で答えた。 安倍と、八百長のプロレスやってるのか? 当日スッポカした人が300人近くも居るわけがない。 『ニューオータニありき』だったのは明らか。 だが、本サイトでは繰り返してきたように、もし実際にニューオータニが5000円で引き受けていたとしても、本来は参加者1人につき1万1000円以上の費用にもかかわらず大幅な値引きをおこなっていたことになれば、それは「安倍晋三後援会」への寄附にあたり、政治資金規正法で禁じられた政治団体への企業献金となる可能性がある。 そして、両者ともに即刻議員および能力のない記者やジャーナリストは即刻辞職していただきたい。

Next

「桜を見る会」前夜祭出席者が領収書を公開し、「領収書は確かにもらった。『個人でホテルに支払う』形式だった」と野党を告発!!各種メディアでも既に報じられていたが、野党はどうするの???

安倍総理は、「会場入り口の受付にて安倍事務所職員が1人5000円を集金し、ホテル名義の領収書をその場で手交し、受け付け終了後に集金した全ての現金をホテル側に渡すという形で支払いがなされた。 また監視する立場の消費者庁からの天下りも問題視されている。 sankei. 共同通信 2019年11月26日. 一般的に、政治家が後援者を呼んだパーティを開き、それが収支報告書に記載がない、というのはあり得ないことだという。 どの疑惑も「アンフェアで卑怯な方法」を取っているのが共通点だ。 方式 - 2019年よりに導入された. 以下に概要を示す。

Next

「桜を見る会前夜祭」問題でニューオータニ元社員が「5000円ありえない」 安倍首相の強気の裏にニューオータニ幹部との関係|LITERA/リテラ

シーフードと彩り野菜のイタリアンマリネ• 以上は首相の従来の答弁と矛盾すると追及した。 料理なんて期待していない。 京都新聞2020年1月31日朝刊• 首相は答弁で、ホテル側から明細書発行はなかったとの従来答弁を繰り返し、「野党への回答は一般論だ」とかわそうとした。 2019年12月16日• 会の参加者の人数が予め確定しているのであれば、その確定額を安倍事務所側が「立て替え」、ホテル側に支払って、その金額に見合う領収書を受け取って参加費と引き換えに参加者に渡したということもあり得るだろう。 前夜祭は19年より前も行われ、15、17、18年はニューオータニ、13、14、16年はANAホテルで開かれている。

Next

安倍首相の答弁に食い違い?桜を見る会めぐる「新証拠」に国会が一時紛糾

2013 - 2017年度の招待者の名簿について、「管理簿に記載していない」「ファイルを廃棄する際に首相の同意を得ていない」「廃棄後に廃棄簿に記載していない」ということが明らかになった。 2020年2月15日閲覧。 白身魚のポワレ ラタトゥイユを添えて• しかし、その後の11月20日には「私自身も事務所から相談を受ければ、推薦者について意見を言うこともあった」と説明を変えた。 2020年2月1日閲覧。 これまでの首相の主張とそれぞれ異なり、首相も事務所を通じて確認。 やってくださいよ。

Next