兄ぽこ。 「兄ぽこ」インタビュー VTuber個人勢としての矜持と未来

ぽんぽこ&ピーナッツくんの配信の「兄ぽこ」ハイライトを可視化しようとした

なので 声やデザインはぽんぽこ本人が行っているものと思われる。 ほかの対決者が 頭を下げてグループメンバー全員とのコラボや、有名YouTuberやVTuberからの応援VTRを流す、オンラインカジノに10万円を注ぎ込むといった多種多様な戦略で臨む中、持ち時間30分のうちの20分後にとてつもなく凄いことをすると宣言し、20分間何もせず、その後、時間になったところで、 ウォシュレット実況と、ブラジリアンワックス実況を行った。 しかし、ばあちゃるがピーナッツくんの物まねをやったり、お互いサッカー好きであるのがこうじて、アジアカップ決勝を共に実況をしたり、FIFAで対決したりと 実は仲がいい。 同じ二人組であり、息が合い、コラボ回数も多い。 『』9月号増刊 Vティーク、、2018年7月26日、 86-87頁、。

Next

甲賀流忍者ぽんぽこ

公式ハッシュタグは 「 ぽんぽこかしこい」であるほどに 自らかしこいアピールをしている。 もちろんゲーム実況など王道もやっているので VTuber 好きには食わず嫌いになりにくいです。 Podcast. 後編では、自らの理念と、個人VTuberに対して感じていることや成功するための提言を通して、プロデューサー/クリエイターとして見通している視野が明らかに。 続編 笑ってしまった場面に的を絞った第2弾。 - 公式サイト• また《》や《》によって、季節に沿った様々な装をえている。

Next

甲賀流忍者ぽんぽこ

MoguLive 2019年3月4日. って何?」・ 「(の)クレーターって何?」など... 悪口を言われることで、心にダメージを負うとダメージジーンズの姿になる。 実は、後述するが作製しようと試みたが挫折。 ミスターダブルブレイン 正義の味方。 第17話に初登場。 OPTIMA NOTES 2019年4月10日. - ふくやマスター初めてのコラボ相手。

Next

原宿JKに人気のピーナッツくん=兄ぽこ?マウントとりまくるイキリ豆とは?|バーチャルユーチューバー(Vtuber)調査団

息をするようにイキるため、「イキリ豆」と呼ばれているみたですよ 笑 ちなみに、彼のあまりに有名なイキリセリフがこちら。 10月3日 26 ブタ 10月6日 27 拳でッッ! 拳でくん 10月13日 28 速度制限 速度制限ちゃん、マン、ニセマン 10月17日 29 田中探検隊シリーズ! 密林に潜む謎に包まれた野人勇夫を追え! 田中、コブラ、勇夫 チャンチョ出演せず。 ピーナッツくんとぽこぽこが2人で配信している最中、 カメラミスによりピーナッツくんの顔が映ってしまう放送事故が起きたのです。 これウイイレ? FIFA! 、「2019、VTuber Fes Japan」に出演。 」というオファーをもらうこと。 派生版として、夜版の「すくすくピーナッツくんザ・ナイト」、真面目な情報番組「ミッドナイトピーナッツくん」、ぽんぽこ24内で行われたの「すくすくめぐちゃん」がある。 leotardbuta -• ぽんぽこは人間の女の子ではなく、 たぬきの忍者バーチャルYouTuberである。

Next

甲賀流忍者ぽんぽこ

2019年4月10日閲覧。 は「い」であるほどに自らいをしている。 その一方で、0歳から5歳までの幼児を対象にした生配信『すくすく!ピーナッツくん』を、不定期で行っており 、視聴者は0歳から5歳児になり切ってコメントしなければならない。 このように必ずしも兄ぽこ登場シーンとは限りません。 kawamix. 、「、imagine-nation」で取り上げられる。

Next

「兄ぽこ」インタビュー VTuber個人勢としての矜持と未来

このVtuberの古株っぽいポジションで上から目線な発言をガンガンする事から「イキリ豆」と呼ばれています。 甲賀市や滋賀県から何かしらのオファーをもらうこと だそうですが、 甲賀市信楽町に同名のマスコットキャラクターがいるため実現は難しいかもですね・・・。 容貌に無頓着なのか、髪を切りにいくことなど、容姿に関わることを指摘されると怒り気味になるらしく、母ぽこは誕生日に届いた髭の脱毛のダイレクトメールを見せるか悩んでおり、ぽんぽこ経由で見せたところ、 「行ってみようかなぁ」と乗り気を見せ、母ぽこを喜ばせたらしい。 アマゾンプライマーなんで。 あまりの仲の良さから、それ以降、ピーナッツくんが誰かとコラボすると、視聴者から 「伊豆旅行に行け」とコメントされるのが通例になりつつある。 信楽焼がバカ売れ! 甲賀流忍者! チャンチョ ピーナッツくんの親友。 そのイベントにピーナッツくんがブースを持ち出展しているわけです。

Next