項羽本紀 書き下し文。 ♪日々ちどりあ~し~♪: 『項羽本紀』書き下し(保存)

項籍

しかし、功績を立てて土地や爵位を与えることを惜しむため、士はなつくことはない」、「項羽は人を信じることができず、愛し任せるのは、一族か妻の親族だけである。 項梁人を殺し、籍と呉中に仇を避く。 『史記』樊酈滕灌列伝• 『項羽と劉邦』 作:(1917年)• ここから の言葉が生まれた。 小人(しょうじん) - 取るにたらない者。 項羽が死ぬと、楚の土地は抵抗をみせるが、灌嬰・ら派遣された漢の軍勢により平定されて漢に降伏する。 項氏は代々楚の将軍を務めた家柄であった。

Next

史記

項羽大 イニ怒 リテ曰 ハク、「旦日饗 二 セヨ士卒 一 ヲ。 」と言った。 そこで、項梁は項籍に兵法を教えた。 (私が)当たった敵は破れ、討った相手は降伏し、いままで敗北したことはなかった。 魯周公世家• 田儋列傳• 今獨臣有船,漢軍至,無以渡。 やがて20歳になった司馬遷は、数年かけて中国各地を旅してまわります。 秦末の名将。

Next

高等学校古典B/漢文/鴻門之会

漢軍圍之數重。 」 項王乃曰、 「吾聞漢購我頭千金・邑万戸。 - 『西漢演義(西漢通俗演義とも)』では、項羽は火尖槍を得物としている。 故姓項氏。 於是(ここにおいて) - 「そこで」「こうして」「それで」。 鴻門(こうもん) - 地名か。 項王は幾筋かの涙を流した。

Next

緊急です!項羽本紀について!多分項羽本紀だと思うんですけど、項羽の若...

(項羽は)天下の許されないところであり、大逆無道である。 且つ籍江東の子弟八千人と江を渡りて西し、今一人の還る者なし。 項羽は、韓信と彭越の軍が合流していない漢軍を打ち破った。 ) (意図に気づいた)項伯もまた(沛公を守ろうとして)剣を抜いて立ち上がって舞い、常に身をもって、(まるで)親鳥が子を翼でかばうように、沛公をかばった。 若(なんぢ)入り(いり)、前みて(すすみて)寿(じゅ)を為せ(なせ)。 初めて起る時、年、二十四なり。 『史記』「淮陰侯列伝」• 秦嘉の軍敗走し、これを追ひ胡陵に至る。

Next

史記:項王の最期『四面楚歌』原文・書き下し文・現代語訳

張良が言うには「謹んで承知しました。 項王の最期(項王自刎) (現代語訳・解説あり)項羽本紀第七 史記 漢文 項王の最期 -項羽本紀第七より- I think; therefore I am! 『史記』を読んでみよう!項羽と劉邦(本紀)その3 「四面楚歌」 「鴻門の会」の後、項羽は劉邦とその軍勢を、咸陽のさらに西の奥地、漢中という場所に封じこめます。 数(しばしば) - 何度も。 常に幸せられて従ふ。 従ってここは、自尊表現になっている。

Next

鴻門之会(史記)(1)原文・書き下し文・現代語訳

樊噲は「これは緊急だ。 項王曰:「壯士!能復飲乎?」樊噲曰:「臣死且不避,卮酒安足辭!夫秦王有虎狼之心,殺人如不能舉,刑人如恐不勝,天下皆叛之。 叔父のに養われていた。 籍曰く、「彼は取りて代はるべきなり。 道中、苦戦がつづきましたが、軍師である張良の奇策によって勝利をかさね、ついに咸陽にたっし、秦の第3代皇帝を降伏させました。 」 乃令騎皆下馬歩行、持短兵接戦。 常に大度有り。

Next

鴻門之会(史記)(1)原文・書き下し文・現代語訳

・ 左右 … そばに仕える者 ・ 莫 … ない ・ 能~ … ~できる(可能) そばに仕える者たちも皆泣いて、仰ぎ見ることのできるものはいなかった。 漢軍及び諸侯の兵、之を囲むこと数重なり。 また、宋襄も追いかけて殺害した。 駿馬、名騅。 」噲曰:「此迫矣!臣請入,與之同命。 故(ことさらニ) - 「故意に」「わざと」の意味。

Next