タイトリスト アイアン t200。 総合点が高い!タイトリストT200アイアンを試打してみた!

タイトリストがT100、T200、T300アイアンを発表 AP時代が終焉

そしてタイトリストでは、ストロングロフトの概念が払拭され、ロフト角が気にならなくなること願っている。 これがどんな効果を発揮するのかは不明です。 個人的には5番はティーショット以外では使わない(ウソ 使えないです)ので問題ないし、その分UTやショートウッドを入れるか、ウェッジをいれてねってことですかね。 という話題でした タイトリスト T100・T200・T300をなるべく安く買うならUSモデルを選択するのもおすすめ 日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のさん ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはEPIC FLASHドライバーを購入しています。 素振りしてみると、かなりシャープに振り抜けるイメージでした。 05年夏オフィシャルハンディ取得。

Next

タイトリスト T200 アイアンの試打レビュー 口コミ・評判 ギアスペック|ギアカタログ|GDO ゴルフギア情報

フェースのみ鍛造で打感の向上を狙っていますが、個人的にはそこまで打感は良くないと思います。 今までの「AP1」「AP2」「AP3」を一新し、新たに「T100」「T200」「T300」の3モデルを設定しています。 この「T200」は「T100」ほどダウンブローに打ち込む必要がないので、払い打ち系でも使えそうなイメージ。 多くのゴルファーが、このテクノロジーの恩恵を受けることだろう。 これは、ストロングロフト化が正しくないと言っているわけでもなく、ミスをした時に問題になるということでもなく、「3Dアイアン弾道」により、競合他社のストロングロフトアイアンにありがちな落とし穴に陥らないことを意味する。

Next

タイトリスト T200 アイアン/ヘッドスピード別試打(1/4)|クラブ試打 三者三様|GDO ゴルフギア情報

9mmの薄さ(ソール方向により薄い)という軟鉄SUP10のLフェースを採用。 大きく球筋を操るのは難しいが安全な範囲で曲げられます。 今日紹介するのは、タイトリスト「T200」アイアンです。 でもこの「T200」アイアンはバックフェースのトゥ・ヒールの厚みをより強調しています。 T200のヘッドの背部にあるスクリューは、多くの皆さんの予想に反してスイングウェイトの調整用にあるわけではない。 しかし、縦のブレは10yほどあるので T200は明らかに方向性重視ですね。

Next

タイトリスト「T100」アイアン

ヘッド自体は結構捕まると思います。 そのためバックっスピンはそこまで多くはありませんが必要十分でしょう。 なお、先ほどのスペックの比較はUSモデル同士の値です。 シャフトスペックは、重量は番手別ウエートフローで109~130g、トルクは未発表、手元調子です。 「T100」よりもやや大きめで見た目通り安心感があり、ロフトが3度立っているにも関わらず球の上がりは「T100」よりも上がりやすいイメージでした。

Next

タイトリスト T200 アイアンの試打&評価/飛距離も方向性も打感も全て良し│楽しい GOLF LIFE

これも今までとは違うよってことなんだろうけど、、、まっいっか(笑) おおまかな分け方として今までのAP2の後継が、AP3が、AP1がで、今回は数字が増えるほどやさしいアイアンになっています。 よりも確実に弾道が高い。 コースでもこんな感じでブレずに打てれば良いんでしょうが世の中そんなに甘く無いかな(笑) 楽に飛ばせるT200アイアン メカニカルな感じのアイアン。 T300の画像がリリースされる前のそれとは劣るUSGAの溝規制データベース用の画像は、評判が良くなかった。 なぜT200を選んだかは、難しくなくまた簡単すぎずロフトもそれほど立っていないといろいろ調べて決めました。

Next

タイトリスト「T100」アイアン

ミドルサイズのヘッドでも非常に高い慣性モーメントを獲得し、最適なインパクトと安定性を獲得しています。 フェースのみ鍛造で打感の向上を狙っていますが、個人的にはそこまで打感は良くないと思います。 肝心の試打ですが、の7番でシャフトはモーダス105Sで行いました。 両シャフト共に低弾道、低スピンを実現する。 グローバルナビ• ん?これちょっと弾く? 僕の感覚だとタイトリストアイアンはもっと柔らかい打感の印象が強かったのですが、はちょっと硬く弾く感じがします。 多分ボクは手元がしっかりしたシャフトは、タイミングがとりづらいのかもしれません。 このネジみたいなのが新テクノロジーのマックスインパクトテクノロジー。

Next