四万十市観光協会。 四万十川りんりんサイクル|体験・スクール|カヌー館

四万十川の概要

四万十川沿いには自転車を借りられるスポットが多くあります。 四万十楽舎:ここから四万十川を15分程度遡ると岩間沈下橋がある。 81年 神奈川県藤沢市生まれ。 スタッフさんおすすめとのこと。 。 公益財団法人 四万十市スポーツ協会 四万十市立温水プール電話番号変更のお知らせ 令和2年6月25日より温水プール専用の電話番号を設けましたので、ご用の際には下記へご連絡ください。

Next

【絶景レンタサイクル!!】四万十川を自転車でサイクリングするならここで借りろ!

」というクールなあなたもぜひ立ち寄ってみてください。 (遠い目) 自転車を持って行かずとも現地で自転車を貸してくれる。 今後、状況等が変わりましたら、すぐに情報を公開いたしますので、どうかご理解のうえご了承ください。 春日の顔がたまらなく好きっていう女性の方がいましたら連絡ください。 net ホームページURL バリアフリー設備 備考 土日祝日や、イベント時に事務所を閉めている場合がありますが、電話は転送で対応いたします。 さらに旧西土佐村(現四万十市)で第2の支流である広見川と合流し、再び南下を始める。

Next

公益財団法人 四万十市スポーツ協会

私がおススメするのはずばり『四万十川観光遊覧船』です。 〒787-8501 高知県四万十市中村大橋通4丁目10 電話:0880-34-1111(代表) E-mail: Copyright Shimanto-City Office All Rights Reserved. カヌーやSUP、川遊びとアクティブに四万十川を楽しまれる方はそれもステキなのですが、濡れたりせずゆっくりと観光したいね、という気分の方には遊覧船がぴったりです! 四万十市には五つの遊覧船会社があり、それぞれの会社で運航場所・コースが異なります。 四万十市観光協会は、りんりんサイクル以外にも通常のレンタルサイクル(借りた場所に返すスタイル)があります。 そこで今回は、所要時間が2〜3時間でちょちょっと観光できるツーリングルートをご紹介したいと思います! 江川崎駅周辺サイクリングモデルコース 四万十川中流域の沈下橋巡りコース(所要時間2h) 予土線江川崎駅を出発し、 四万十川を上流方向へ遡っていき3つの沈下橋を巡ることができる絶景ルートです。 発送時刻等はカヌー館にお問い合わせください。 四万十市観光協会の事務所内 事務所内は案内していただけるスタッフさんが常駐しており、パンフレットは見やすく整理されています。

Next

【絶景レンタサイクル!!】四万十川を自転車でサイクリングするならここで借りろ!

READ MORE こんにちは!四万十市観光協会のスタッフSです。 ルート選びは観光パンフレットを参考にしてみてください。 いいですよね〜。 かわらっこ:ここから上流側に10分で勝間沈下橋、下流側に10分で高瀬沈下橋があるので両方行くことも可能。 いないか。 レンタルサイクルの料金 レンタルサイクルの料金は下記のような感じです。

Next

【四万十市観光協会】レンタサイクルが超オススメ!!四万十を旅するならまずは寄っておくべし

「レンタサイクルで四万十川観光って便利なの?」「どんな観光地が見れるの?」「どこで借りれるの?」「いくらなの?」 まず、僕個人の意見ですが、「四万十川でレンタサイクル」は 「あり」だと思います。 「情報ならネットで全部しらべるよ。 。 中 流 四万十川の中流域には、窪川町の南部、大正町、十和村などの広範な一帯が含まれ、ここでは、さらに幾筋もの支流を集めた四万十川が、大きく蛇行をくりかえしながら、窪川町で台地に南下をはばまれて西へ向かい、やがて大正町で最大の支流である梼原川と合流。 上 流 四万十川の上流域には、津野町の南部、梼原町、大正町、十和村、窪川町の北部などが含まれ、大小の渓谷や風景林、瀑布など、変化にとんだ自然と景勝にめぐまれている。 スタッフおすすめのパンフレット。

Next

【四万十市観光協会】レンタサイクルが超オススメ!!四万十を旅するならまずは寄っておくべし

身長150cm~が目安。 都会の喧騒を離れて四万十川での〜んびり自転車でツーリング。 [ 平成の名水百選 ] 環境省選定 平成20年6月、自然環境保全と地域活性化など流域に暮らすに人々の取り組みが評価され、支流の黒尊川が、「平成の名水百選」に選定されました。 共通して運航時間は約50分。 この記事の目次• 四万十川の河口近くでは、ウインドサーフィンを楽しむ若者たちの姿もみられる。

Next

一般社団法人 四万十町観光協会

中流域ならではの雄大で美しい四万十川と、西土佐ののどかな暮らしや風景を楽しめます。 名前の通りに厳しい地形である。 [ 重要文化的景観 ] 文部科学省選定 平成21年2月、四万十川と関わりのある人々の生活など、四万十川流域の特有の景観が「重要文化的景観」に選定されました。 舟は周遊して出発地に戻ってきますので、お車やレンタサイクルで乗りに来られた方でも下船後スムーズに次の目的地へ出発できます。 まとめ 自転車旅は車旅よりも 一段深い思い出になりますよね。 最後は手作りスイーツが美味しい「山間屋」や、西土佐の良いものがギュッと詰まった、「道の駅よって西土佐」に寄ってから戻ってくることができます。

Next

一般社団法人 四万十町観光協会

よろしくお願いします。 わが国の河川の中では中流域とは思えないほど豊かな水量と川幅にめぐまれた清流は、カヌーやボート、キャンプなど、アウトドアライフのメッカとして人気がある。 高知県の山間部に位置する上流域では、四万十川は無数の渓流や支流を集めて徐々に水量を増やしながら、ゆるやかに南下を続ける。 ご連絡お待ちしております。 自転車に乗り慣れない人でも乗りやすく、2人で漕ぐ面白みもあるタンデムバイク。

Next