シナストリー ハウス。 ブライアン・クラーク先生の「シナストリー講座シリーズ①~③」

相性とか縁とか 1: 天体配置図の道しるべ

ですが、それぞれがもつ性質と、その性質同士の関わりを知ることから、 2人の力の共鳴がどのような形で起こりやすいか、見えてくるのです。 でもお互いに少し夢見がちで非現実的になる傾向もあります。 以前解決できなかった問題を今日さっさとクリア。 あなたのサポートにより、この人は自分の中に眠るヒーラー体質を呼び起こします。 結婚だけは他の様相で補強されてるほうが良いのですが。 火星conj. 結論としては、 単に太陽や月星座の組み合わせの「相性」を見るだけでは二人の人間関係についての情報はあまり得られない、ということです。 それを主観的に書いたもの。

Next

ベスタ×12サイン

でも、相性どうなってんのか 気になるじゃん? というわけで、離婚・破局カップル第一弾、 船越英一郎さんと松居一代さんのをご紹介します。 2人の人間の関係を正しく見極めようとしたら、それぞれの人間が「どんな人生か」「どんな考え方をする人間か」をだいたい知らなくてはなりません。 もう一つはコンポジットです。 さんでもを作ることができます。 なのに運命は二人を引き裂くように、機会は失われ続けて往く。 お互いに切りたくないと思うでしょう。 海外の占いサイトで購入したシナストリーレポートを自分のメモ用として翻訳して載せています。

Next

【西洋】シナストリー part5【相性】

ただ彼にとってはヨードの頂点の金星が、この辺の歳の人には掴まされるようで、つまり誰でも良いって感じ。 テーマは8室12室です。 片側のAさんが持つある特徴で、結論として、パートナーのBさんが事あるごとに押さえつけられる事になりがちです。 土星と天王星のシナストリーアスペクト:【新旧の対立】 土星と天王星の組み合わせでは、天王星側の人が土星側の人にショックなほど新たな考え方・生き方を提供するかもしれません(世代の差による可能性もあります)。 占星術の相談に来る人の中には、復縁を望む女性がたくさんいます。 相手がどんな存在かは、ハウス状態に全て書かれてる。 でもそれは特殊な様相を示している時だけです。

Next

ベスタ×12サイン

When the two are in unfavorable aspect or either debilitated, Pluto may obstinately refuse to accept Jupiter's philosophy of life and moral standards, while Jupiter may find Pluto to single-mindedly set on his own course of action and completely unwilling to make concessions. この二人が数年後に公で恋人同士になってるかどうかを予想すると。 火と水は、やはり打ち消しあうような作用があります。 Cは、ある人にはどうしても自分の人生哲学は理解されない。 ただ、この火星は彼女の冥王星との関係。 それとも、私の内面がものすごくユニークでそれについてこれる人がいないというだけでしょうか・・・・・? うう~ん解釈って難しい。 安易な「相性占い」とは違い、恋愛・結婚・仕事などにおける一つ一つの人間関係の持つ試練や可能性について、より深い理解を与えてくれる分析法です。 なお、2人の相性を読むための相性図には次の2種類があります。

Next

【西洋】シナストリー part5【相性】

天王星が絡むとそもそもお互いが好みのタイプでもある為、益々離れがたく、性的にも興奮しやすいでしょう。 視界に入る二人は近づけない。 月は土星の規律のふるまい、不条理な批判、思いやりの無さ、自分本位の態度に憤然とする。 決して思い込みの想像で言葉を紡がないよう気をつけてます。 分からないのは勉強不足だと自分で思って調べます。 火星との絡みですと性的により惹かれて性行為がメインの関係になりやすく、海王星ですとお互いに陶酔しますので、タブーも犯しやすく、性行為自体もノーマルなものではなくなるかもしれません。 常に感じるのは無理解です。

Next

【オンライン】西洋占星術中級シナストリー/コンポジット

あなたは過去世のどこかでこの相手と出会い、あなたの私利私欲のためにこの人の信頼をもてあそんだという負のカルマを持っています あなたのドラゴンテイルに自身の天体が合の場合、その確率は特に高い。 結婚だけは他の様相で補強されてるほうが良いのですが。 それを補う様相がないと厳しい。 その他賞も多数受賞。 しかしです、この二人がとても良い相性と見る人がいる中で、私はある部分に気づきます。

Next