メガシンカ 廃止。 【ソードシールド】廃止になった要素・変更点まとめ!メガシンカ・Zわざなど【ポケモン剣盾】

対戦環境のインフレから考える剣盾の一部要素・ポケモンの削除問題について

このルールは メガシンカ+Zクリスタル+ゲンシカイキ(禁止伝説)という大怪獣バトルだ。 一部のポケモンは姿を変えてキョダイマックスなるものをするそうなのですが、 メガシンカを廃止にしてまでの変化なのかと思うと不思議な感じがしました。 ソード・シールド環境は、アローラダブルやアローラシングル、あるいはWCS2019サンのような、多種多様なポケモンが活躍する環境になりそうだ。 新しい特性 対戦で強力な特性だけを挙げていきます。 それに、zワザはプレイヤーの精神衛生上良くないです。 一方で、ポケモンの総数も、新たなポケモンや既存のポケモンのフォルムチェンジなどを含めると1000を越えるようになっています。

Next

【ソードシールド】メガシンカ・Z技廃止、ダイマックス追加による通信対戦への影響【ポケモン剣盾】

むし ダイワーム 相手全体の特攻を1段階下げる。 相手からの 物理攻撃のダメージを1度だけ0にしますが、顔の氷が壊れフォルムが変化します。 このまま続けたら間違いなく対戦ゲームとしてのは破綻するでしょう。 メガシンカの様に無制限でもなく、Zワザのように一撃で試合を決めるほどの火力なわけでもなく(ここは推測だが)、 ちょうどいいバランスのパワーアップを追求した形なのではないだろうか。 よって対戦はより予測しづらいものとなり、高火力のZワザが通るか通らないか、という難しい「拓」を強いられることが多くなり、必ずしも楽しいだけではなかった。

Next

【メガシンカ廃止】ポケモン剣盾 新システムダイマックスと新対戦環境考察 ポケットモンスター ソード・シールド

それを踏まえると、 ダイマックスは「メガシンカ」と「Zワザ」の両方の要素をもち、それぞれをおとなしくしたように見える。 パワフルな対戦になりそうだが、 持ち物やポケモンの固定化が進み、構築を作る面白さが半減しそうではある。 ダイマックス中に交代はできるのか。 ・ルームサービス トリックルームが発動した時に発動して、持っているポケモンの素早さランクを1段階下降させます。 はこちら。

Next

「サン・ムーンでメガシンカ廃止しろ!」←これ

メガメガニウムやメガメガヤンマに会えなくなってしまったのは非常に痛いところでした。 当時は卵による繁殖もできなかったので、運よくカイロスをゲットできた人から譲り受けない限りゲットできない貴重種でした。 もちろんそれ以外のメガシンカポケモンも強く、メガガルーラ弱体化後も、メガシンカは常に環境の中心で、PTの軸となった。 確かに昔にも役割破壊って概念はありましたよ?猿の雷パンチとか。 ( 私のマリルリだけはリストラやめてください!) Z技も結構これに近かったですよね。 ゲンシカイキをダイマックスに置き換えれば、似たルールと言えなくもない。

Next

メガシンカとZワザが廃止された理由とその見解

正確に言えば、既存アイテムの強化だったが、実質新アイテムだった。 参照: 私は闘会議2017で アローラシングルに出てベスト4まで行ったことも あるが、これも中々愉快なルールだった。 本来であればここで進化終了ですが、メガシンカの場合、ここからもう一段階進化することができます。 ポリゴンZのはかいこうせん ノーマルz や、ヒートロトムのオーバーヒート ほのおz のような感じです。 14 Tanoseek 【賛否】メガシンカやZ技が廃止決定か?「ポケモン ソード・シールド」ファミ通インタビューで明らかに 2019年6月13日、任天堂 Treehouse Liveでのライブストリーミングに続きファミ通. 彼らは対面構築、エース構築、サイクル構築、いかなる構築においても中心を担う存在になり、メガシンカのいない構築は考えられなくなった。 これに関しては様々な意見・見方があると思いますが自分は今回、対戦環境の固定化・インフレって観点からこの件について考えていきたいなと思います。 ステータスの上がり方によっては奇跡ラッキーより巨大ラッキーの方が耐久ある可能性も?どちらにせよ3ターンなので受けループ向けではありませんが。

Next

ポケモン新作で“メガシンカ“廃止 批判殺到かと思いきや・・・?

変動する値は2段階上昇、1段階下降のままです 技:「キングシールド」 直接攻撃を防いだ時に 下げる相手の攻撃ランクが2段階から1段階に下がりました。 ダイマックスはポケモンが巨大化する• 世界の35億人が「ベイマックス」を思い浮かべ、残る35億人が「ウルトラマンじゃねーか!」とツッコミをいれたこの巨大化要素は、ポケモンバトルをどう変えるのだろうか? さらに、メガシンカやZワザはソード・シールドに登場せず、ダイマックスはそれらに「取って代わる要素」であることも明らかになった。 過去作のポケモンを連れて来れる数に制限がかかり、現在においては、「ガラル図鑑」にのみ登録される過去作のポケモンだけを新作に連れて行けるという仕様のようです。 ダイマックスは3ターン経過すると終了し、元の姿に戻る。 「このままではポケモンバトルに多様性が失われ、毎回おんなじ顔を眺め合う対戦になってしまうかもしれない……」と。 サンダースなどの非常に 高い素早さを持つ電気タイプのポケモンで、強化された必中「かみなり」を連打するのが単純かつ強力そうです。 基本はそのポケモンが巨大化するというもの。

Next

ポケモン新作で“メガシンカ“廃止 批判殺到かと思いきや・・・?

あまりに強すぎるは前作のみたいにシステム単位で調整して今すぐにとは言いませんが配信とかアップデート等でいずれ全てのが使えるようになって欲しいというのが正直な感想です。 Zワザについては、そもそも Zクリスタルがアローラ地方のものなのでなくなって当然とも思う。 メガシンカについて メガシンカによって種族値が底上げされたり、z技によって技の威力が大幅に向上するといった要素に対応しきれなくなったということでしょう。 そして性能面でも、見た目に負けない圧倒感。 ダイマックスがそれらのポケモンに強い調整であれば問題は無いのかもしれませんが、火力がデフレしてしまうと受けが強いポケモンが台頭してくるのは間違い無いでしょう。

Next