グーグル 3d 動物。 ネコ、イヌ、パンダ...自宅が動物園になった! Google検索の「AR機能」が話題: J

ネコ、イヌ、パンダ...自宅が動物園になった! Google検索の「AR機能」が話題: J

さすがに全部試すのは大変なので、何種類かだけを出してみました。 この新機能はAR対応のデバイス(ARCore、ARKit対応デバイス)でのみ使用可能。 Google Chromeは関係ないかもしれませんが、念の為どちらもアップデートしましょう。 吼えられて少しビビっています。 (〇〇には検索した動物の名称が入ります)」というカードが表示されます、その中に存在する「View in 3D」ボタンを押し、「View in your space」を選択することでARモードが起動します。 手持ちの携帯のブラウザ開いてグーグルにアクセスしよう• しばらく動かしていると虎が出現しました!デカイ!! 召喚した3D動物は指で向きやサイズ変更できます。 アライグマ• ARに対応するジャンルは今後増えるとみられる。

Next

Googleで検索した動物がAR空間に登場して触れ合える機能がリリースされる

ポニー Shetoland Pony• 例えばネコなら、愛らしい仕草や表情をみせ、鳴き声も聞ける。 グーグルのAR(拡張現実)検索機能が、SNS上で盛り上がっている。 ポケモンGOにはいつまで経っても導入されませんが、新機能「相棒と冒険」でマルチユーザーのAR記念撮影などが強化されたことを考えると、さらにリアルに環境に溶け込むポケモンの描写もそろそろ見られるかもしれません。 鳴き声も聞ける 米グーグルが19年5月の開発者向けイベントで発表した、動物をAR表示する機能が9月下旬までに、日本語にも対応した。 Google search now has AR this morning. Googleがモバイルで特定の動物を検索した際に、その3Dモデルを表示するとともに、実際の風景に重ねられるAR機能をリリースしました。 とはいえ、検索で呼び出せるARの犬たちの種類が充実しているのは、行動規範の影響で開発陣に犬好きが多かったためなのか。 鷲 Eagle• コロナが収束したら外に出て、最大限のサイズにして遊んでみたい!. 特に子どもが大喜び。

Next

Google検索の動物3D表示が「物に隠れるAR」対応。ARCoreの奥行き認識でもっとリアルに

動物の名前をスマートフォンで検索すると、現実にその動物が表示され、写真を撮るなどして楽しめる。 Cheetah• 動きが足りないと四角が平べったくなります。 「設定」をタップ。 周囲の環境を平面だけでなく奥行きのある3Dとして認識したうえで、隠れているはずの部分は隠してもっと自然に表示します。 2呼び出したい場所を選ぶ カメラの表示に切り替わるので、ネコを呼び出したい場所を選んで、周辺でスマホを動かし(左右に振るなどして、カメラに映る風景の角度が少しずつ変わるように移動させ)ます 3ネコが表示された ネコが表示されました。 その一方で、人体以外の奥行き認識とオクルージョン処理にはまだ対応しないため、iOS端末で Google 検索のAR表示を使うと、物陰には隠れないけれど手や人には隠れる状態になります。 Googleの開発者Blogによれば、ARCore の奥行き認識が使える端末は世界で2億台以上。

Next

試してみて! スマホで「ネコ」や「イヌ」をGoogle検索するとAR映像を呼び出せる

「周囲のスペースに表示する」 iPhoneでは「AR」 を選べば、床などの平面を認識して、その場にいるように実物大で見せるARにも対応します。 ページの途中にある四角の枠内に情報が表示され、ランチャーで3Dアニメーションの動物が表示されるか、ARでオーバーレイ表示される。 オブジェクトブレンディングが有効ならば、スマホとカメラの性能や周囲の明るさ、複雑さに依存するものの、よりリアルに把握しやすくなります。 ヒョウ。 このアプリをインストールすることで、ARcoreで構築されたARが体験に可能になります。

Next

Google、検索結果から動物をAR表示する機能をリリース

グーグルのスマートフォン向け公式アプリに、 特定の動物の名前を検索した際、その動物がARで表示される機能が実装されました。 SNSでは、ARペットや空中を泳ぐサメの写真で大盛り上がり! 日本語対応された9月29日ごろからTwitter上では、サメを職場に泳がせて見たり、ペットの猫とAR猫のツーショット写真など、ユニークな投稿で盛り上がっています。 コウテイペンギン• サメ Shark• 6月にロールアウトされ、英語で使うことができていた機能です。 アンコウ目 Angler fish• ただし、利用できるのはAR(AndroidならARCore、iPhoneならARKit)対応機種のみ、かつ検索言語が英語の場合のみとなっています。 (参考). 」というカードが表示されます。 レンズやARに関する同社のミッションは、より便利に使える方法を模索することだ。

Next

試してみて! スマホで「ネコ」や「イヌ」をGoogle検索するとAR映像を呼び出せる

さらには、「Lion ライオン 」や…… 「Octopus タコ 」なども出現させることができます。 対応デバイスについては、以下のGoogle Developersのサイトで確認できます。 例えば「Pixel 3」など、対応する端末のGoogleアプリで「Panda」を検索すると、結果に表示される「」に動くパンダの映像と「3Dで見る」ボタンが追加される(下左画像)。 だいたいの動物いけそうですね。 次に「View in your space」をタップします。 人間が左右の目の視差を立体感の手がかりにするように、スマホの動きから少しずつずれた画像を何枚も取得して、比較することで各画素がどれくらい手前にあるのか奥にあるのかを推定します。 What's black and white and AR all over? スルスル動く動物たちがまるで自分の家の中にいるような体験ができます!写真は「犬」の3Dを家のカーペットの上に出してみました。

Next