お力添えさせて。 就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

「力添え」の類義語や言い換え

「お力添え」は 2パターンの使い方があるのでひとつずつ詳しく解説していきますね。 ここで注意したいことは、 相手に聞き取りやすい内容でお礼を言うことです。 「微力ながら、尽力して参ります。 「添」という漢字には 「ぴったりとくっついて離れない」という意味もありますが、 「付け加える」という意味もあります。 もし、目下の者へ使う場合は、「お」をとって「力添え」のみで良いです。 相手の協力があったからこそ上手く行った、という意味で「お力添え」を使います。 同じ意味で使っている人も多いですが、少しが異なるので、使い分けの方法を確認しておきましょう。

Next

就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

そのため、目上の人が努力をしてくれた際にお礼の気持ちをもってご尽力という言葉を使用するのが一般的です。 しかし、これは相手に失礼に当たる表現です。 「尽力」は、「ご」を頭につければ、目上の人が何かしらの力を貸してくれたことへの感謝の意を表し、「尽力」のみで自分のことに使えば、これから自分が精一杯努力するという決意を表すということです。 「尽力」には努力が含まれる 「尽力」は文字通り力を尽くすことで、単に力を貸すだけではありません。 「お力添え」と「ご尽力」はどちらも「助ける」という意味です。 ・「社員一同、誠心誠意尽力させていただく所存です。

Next

「お力添え」「ご尽力」の正しい意味と使い方を解説【例文あり】

普段何気なく使う言葉ですが、上司や顧客など、目上の人の手助けに対してしか使わないので、気をつけておきましょう。 ・ このプロジェクトが無事終わりを迎えられたのも、皆様のご尽力あってこそでした。 「お心遣い」 何かに協力したり応援したりすることは、具体的なアクションで表されるとは限りません。 「お力添え」の例文をまとめてご紹介しました。 どうか一層のご指導とお力添えのほど、お願いいたします。

Next

「お力添えさせていただく」は正しい表現なのでしょうか?

主にはお願いしたい内容を伝えた後の締めの文句として使われるフレーズです。 ご要望に沿えず. 尽力の使い方・例文 ここでは、尽力の使い方を例文も交えてみていきます。 。 「サービス向上にご尽力いただき誠にありがとうございました。 」 お力添えを使った例文;ビジネス ビジネスメールにおいて「お力添え」というフレーズはお願いやお礼、お詫びなどに使えるため大変役立ちます。

Next

ご尽力/お力添えの正しい意味と使い方|目上の人に使ってもいいのか

「させていただく」より「いたしましょうか」などがすっきりします。 部下や後輩等の目下の相手には「力添え」を使います。 スポンサーリンク このような場合に「お力添え」を使うということですね。 どれも相手の努力や協力を敬語にしたもので、お願いをするときだけでなくお礼やお詫びのときにも使うことができます。 「尽力」を使った例文(自分に対して使う場合) 先にも述べましたが、自分に対して使用する場合には尊敬語である「ご尽力」はふさわしくありません。 1.「この度はお力添えできず申し訳ありません」 自分が助けることができず申し訳ないという意味で「お力添え」を使った例ですが、これは間違った使い方です。

Next

お力添えを使った例文|感謝/お礼/挨拶/依頼・書き方や注意点

「尽力」という表現には、このような使い方があります。 ~についてお力添えいただければ幸いです。 お力添えを使った例文;感謝 目上の人から何かを助けていただいたことに対して感謝の気持ちを相手に伝える場合に「お力添え」という言葉を使います。 」 お力添えを使った例文;協力 目上の人に協力を仰ぐ場合にも「お力添え」という表現を使うことができます。 そのほか「加勢」「加担」「助勢」「味方」なども言い換えが可能なもので、どれも助けるという意味がある言葉です。

Next