紫電 改 の タカ。 紫電改は最強の局地戦闘機だったのか?|サバゲーアーカイブ

零戦と紫電改と四式戦闘機を比較すると、どれが一番強買ったのですか? ...

ともかくこの飛行機は、戦場ではうるさい存在であった」と評したという。 1944年(昭和19年)1月、志賀淑雄少佐、古賀一中尉、増山兵曹らによって紫電改のテスト飛行が行われ、志賀は「紫電の欠陥が克服されて生まれ変わった」と高い評価を与えた。 秘密基地から生還した後松山、大分と転属。 885m 9. の著書「空戦」では、紫電改が高度6,000mで44年型と同程度のスピードを発揮したことからマスタング44年型のカタログスペックを基準とした最高速度時速680km説を採用しており、当時の連合軍の空軍関係者はその程度の速度と認識していた。 この両機を比べると、欧米機的な「高速戦闘機」を提唱しながら「二式戦」で不評を被った中島が、多少妥協して受けを意識して作ったのが「疾風」であり、より保守的だった海軍で、「雷電」の受けの悪さに困って、実績ある機体を流用したという「紫電改」の特殊さというのがかなり目立つと思います。

Next

「週刊 紫電改をつくる」広島地区で2017年6月13日創刊!

紫電一一型甲(N1K1-Ja) 胴体の7. 戦う軍人や航空機を勇ましく、美しく描く一方で、死と隣り合わせの戦争の中で生きる若者たちの苦痛や苦悩を描き出し、子供たちに戦争の二面性を感じさせ、当時の多くの子供の心をつかんだ人気作品となった。 敵がどっから来るかわからんから、 それを見とる訳ですよね。 しかし、晩年には「制空戦闘機とも局地戦闘機ともいえない中途半端な戦闘機」と評して批判的になった。 それで、その人はまあ当然爆弾を敵艦に当てて自分は生き残る自信は当然あったわけで、出撃の直前に「この俺がこんなものに出なければならないんだから、この戦争も終わりだ」というようなことを最後に残しているんだそうです。 「やった!」と思って それから乱戦になってですね、それで記憶はないんだけども 私はとにかく杉田兵曹から 「空戦の時は編隊離れたらいかん」て やっかましく言われとったからね。

Next

5 、紫電改

攻撃の主体が特攻に移っても、通常攻撃をしている部隊は存続しているわけですし、偵察や味方艦の護衛といった任務がより重要なわけです。 杉田兵曹は、撃墜の確認しとらなんだら、そら撃墜違うと。 376m 全高 4. 川西の設計技師は12月28日に海軍航空本部を訪れ、技術本部長少将に計画を提案。 滝が空戦中に会話を交わした最初の米軍パイロット。 編隊を組んで、いろんな訓練をね。 碇義郎『最後の戦闘機紫電改』76頁• 連載当初は、一般的な戦記物と同じような展開をしていたのだが、書けば書くほどに疑問が募り、中盤以降独自の展開をするようになる。 滑走距離が長くても問題無い水上機の方が高性能だったこともある1930年代までとは異なり、陸上機でも高速性能と短距離離着陸性能の両立が可能になっており、十五試水戦には過剰な性能が要求されました。

Next

紫電改のタカで滝城太郎は最後に特攻に向かいますが、実際の太平洋戦争で、 【OKWAVE】

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 だけど、日本の国の ためなら、俺がやって日本が勝つなら命なんか惜しくないと、 国のために やったるんだと、いう気持ちで特攻に行っとるわけ。 当然、試作機の最高速度も運転制限下で記録された。 その経歴やネーミングから人気の高い機体である。 やるか、やられるかの命のやり取りをしてるのは搭乗員な訳で、追尾され振り切る格闘性能が無ければ米戦闘機には勝てない。

Next

紫電改、最強伝説の謎に迫る

米技術雑誌『ポピュラーメカニック』では、米空軍の試験で紫電改のマグネットを米製に替え、100オクタン燃料を使って空軍で飛行した結果、速力はどの米戦闘機にも劣らず、機銃威力は一番強いと紹介された。 グラデーションの効果が僅かになってしまった。 話が地味で悲惨であり、主人公もくそまじめだから ()」とコメントしている。 試製紫電改四(N1K4-A) 試製紫電改三(試製紫電三二型)に着艦フックなどを追加した艦上戦闘機型。 貼ってみると自分で描くより精密に出来て良かった。 中国・四国• 四発重爆の生産が後回しにされても、戦闘機生産は最優先で進められるわけですし。

Next

紫電改は最強の局地戦闘機だったのか?|サバゲーアーカイブ

急旋回に耐える機体強度を下げ、一撃離脱に特化した【疾風】と、自動空戦フラップで格闘戦も、一撃離脱も「甲乙戦」両方ともに戦えた【紫電改】。 そいでまあ、いちいち下の島見とる訳ないから 上ばっかり見とるから、そいで喜界島の上まで来たら 「菅野一番、敵機発見、敵機発見」 言うないなやビューーーーッと突っ込んで行ったんですよ。 それをグラマンが見て、帰っていった。 翌朝出撃時に机上の妻の写真を見ながら名前(雪子)をつぶやき、賭けの賞品であった軍刀(日中戦争の手柄で山本五十六大将から授かった)を菅野大尉に渡す。 航空本部は19年度に紫電と紫電改合計で2,170機を発注、20年1月11日には11,800機という生産計画を立てた。

Next

零戦と紫電改と四式戦闘機を比較すると、どれが一番強買ったのですか? ...

関連項目 関連記事 親記事. 紫電改で戦った搭乗員からの評価は高く、は「軽戦に対する重戦でありながらも零戦の塁を摩する」「零戦は軽戦、紫電改は重戦と言うべく十分使えた」、、は「零戦同様に使えた」と評し、磯崎は最大の欠点として高速ダイブ中の戻りに対する強度不足を挙げている。 源田さんにいうた。 あのラストの二コマの後に日本が昭和20年8月の悲劇と終幕を迎えることを考えますと、尚更に。 関西弁の巨漢。 『世界の傑作機No. Q 「カンノ一番」の無線が入ってきて、真っ先に突っ込んでいくのが菅野大尉で A そうです。

Next

紫電改のタカ

それならいっそ、 最初からフロートつきの戦闘機、「水上戦闘機」を作ればいいじゃないか、という話が持ち上がり、1940年 昭和15年 、日本海軍は水上機や飛行艇のエキスパート、川西航空機に十五試水上戦闘機 十五試水戦 の試作を命じます。 Ref. 個人的には特攻作戦を思いついた時期というのは、通常の航空作戦で出撃しても結局は全滅する確率が高かったのですから、敢えて攻撃を終えて静観することを考えるよりは、死を覚悟しての片道攻撃のほうがはるかに大きな戦果が立てられると考えたのでも、それなりに無理もなかったのかもしれないと考えたりもします。 しかし主翼については、車輪収容部分を加えた他はほぼ原型のままで、翼型もで開発されたLB翼型()が強風より引き継がれている。 滝の母:• 笠井によれば、紫電改にとって最も手強かった米軍戦闘機はF6Fで 、紫電と紫電改には雲泥の差があり、紫電改配備後の訓練搭乗機に紫電を指定されると、全員が気落ちしたという。 「紫電改」は「紫電改のタカ」(ちばてつや作)であまりにも有名であるが、果たして国賊、源田 実の「三四三空」は言われるような戦果をあげたのであろうか。

Next