ナルト 夢小説。 ドリー夢小説

★カカシ溺愛RANKING★(総合ランキング1位⇒10位)

忍と武が歩む道 NARUTO この物語は「NARUTO」のとあるキャラを「まじ恋」の世界に投入したらどうなるんだろう? という作者の痛い妄想により出来た二次創作です。 なまじ忍者達は強大な力を持っているためか、大規模な戦争や動乱が後を絶たず悲惨な社会状況が続いている。 皆々様感想と応援ありがとうございます。 其処へ遅れていたイノ達が現れるが、尋常でないサクラの様子に目を見開き慌てて声を掛けた。 其処には子供達にとって馴染みのある人々も含まれていたのだ。 辺りはもう夕方。

Next

ボルトの姉【NARUTO】

すっごく嬉しいな・・・・ 「ナルトの為なら、いつでも作ってあげるよ」 そう・・・ナルトが大好きだもんっ・・・ あなたが望むなら、飛んできて作ってあげるっ・・・・・ 私は微笑んだ。 も基本的にだがやも登場している。 「いやぁぁぁー、ナルト、ナルトー!!」 「何て事すんだ!止めろ!止めろよ!」 余りに痛々しい姿に仲間達は悲鳴を上げ、ナルトを助け様と壇上へ向かって行くが、目を血走らせて酔った様に騒ぎ立てる群集に押され中々先へ進めない。 「ぶっへー!? しかし、スカウトされた先のアカデミーは原作で出てきた木ノ葉隠れの里の忍者アカデミーより何処か殺伐としていて…… 2012年から連載が止まっていたのですが15年4月に最新話が公開されました。 特に反復する言葉は人の心を容易く絡め取り、強固な鎖となる。 寝そべったまま慌てて周りを見渡すと隣に居た筈のイノ達は居らず何故か見知らぬ老人達が驚愕に目を見開いたまま倒れ伏しており、しかも殆どの老人は右手と左足が無く中には両手両足が無い人も居るのだ。

Next

スレナル大好き同盟

「ナル…遅くなってごめんな……全て影分身から聞いた…痛かったよな…苦しかったよな…ホント…ごめんな……」 「……シ……うっ…ゲホッゴホッ……」 「待ってろ…今、楽にしてやるからな……」 そう言ってナルトの額に手を当てチャクラを流し込むと痛みが消えたのか腕の中の強張っていた体から力が抜けていく。 「ふんっ どーせくだらない任務だからってサボった んだろう・・・」 サスケは溜息をついた。 よく見ると、その身体は縄で固定されており、全身至る所に手裏剣やクナイが突き刺さって傷口から赤い血が滴り落ちていた。 ウタカタは死亡しましたよ。 そこにはサクラとサスケの7班のいつものメンバーが・・・ あ・あれ?ナルトがいない・・・・・ 「ねぇ・・・サクラ・・・ナルト・・は?」 「あっ !アイツったら無断で任務休んだのよぉ! byカカシ 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - 面白いです! 更新頑張ってください! 2014年9月10日 16時 id: - 面白かったです 更新頑張ってください 2014年3月29日 11時 id: - 面白いです!応援してます。

Next

夢小説(1位⇒10位)

」 平然と答える。 お前の下で笑う子供達の夢を。 私は洗面器に水をはって、タオルを冷やし、ナルトの額に置く。 何時の間に現れたのか、其処には黒狐の面を付けた青年暗部が血まみれのナルトを抱きかかえて立っていたのである。 そいつは、もう四十四だ』 「なっ!? んで、どんな料理?」 ナルトはまだ疑わしそうに私を見ている。 しかし、意識が戻った青年を待っていたのは、全く別の場所…別の世界だった。 当のサクラはまだふくれっつらだ。

Next

暁 〜小説投稿サイト〜: 小説検索

「ごめんな…本体が来るまで…ナルトを護れなくて…本当に…ごめんな…ごめん…」 「……そ…な…こと……」 「…もうじき…来るから…それまでの…辛抱…だぜ…」 「……う…ん…うん……」 必死に返事をするナルトへにこりと笑った瞬間、影分身は煙と共に消え去ってしまったのである。 全身が光に包まれ、右目の視界、そして意識が白一色に染まり、再び冥府へ旅立つ浮遊感に身を任せる。 プロローグ 2018年11月25日 日 02:00 改 2019年02月06日 水 01:00 改 2019年02月25日 月 16:00 改 アカデミー編 2019年03月07日 木 20:00 改 2019年03月11日 月 12:00 改 2019年03月13日 水 00:00 改 2019年03月22日 金 17:00 改 2019年05月20日 月 11:00 2019年08月06日 火 00:00 改 2019年08月25日 日 15:00 改 2019年09月26日 木 16:00 改 2019年10月05日 土 01:00 2019年10月12日 土 00:00 改 2020年06月02日 火 17:00. 私はナルトのおでこを触る。 byカカシ 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - 面白いです! 更新頑張ってください! 2014年9月10日 16時 id: - 面白かったです 更新頑張ってください 2014年3月29日 11時 id: - 面白いです!応援してます。 「う、うめーーーーっ」 ナルトは生まれて初めて食べたおかゆに感動してくれたみたい。

Next

ナルト〜ナルトの姉〜

2017年10月21日 月間ランキング2位を頂きました。 なんでっ! 忍達が繰り出した長刀はナルトだけではなく、奈良家嫡子である奈良シカマルも共に貫いていたのである。 文章が上手というタイプの作家ではありません。 作者はアニナルとネタバレ+最終巻しか見てないなので 色々間違っているかもしれませんが自己満足のブツなので大目に見てください。 「大丈夫・・・・ナルトはもっともっと強くなれる・・・・」 ナルトは私の顔をゆっくりと見た。

Next