山根明弘。 野良猫との理想の関係は… 九州の「相島」、妙な距離感

スタッフ紹介

人間と猫の関係は古く1万年以上も前に遡り、穀物を荒らすネズミを捕食する猫と人間の利害の一致から、家畜としての猫が作りだされた。 一方、ねこの年間殺処分は何と8万頭(4分の3がノラねこ)にものぼり、日本は決してねこ(イヌもそうですが)にとっての「天国」ではありません。 ねこはセラピスト 「ねこと暮らすことによって、心の病が改善したという例は、いろいろな文献のなかに見つけることができる。 とくにネコは、もしスタイルや姿勢が美しいだけなら、単なる鑑賞フィギュアです。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 人類1万年の友、ねこは美しく、しなやかで、俊敏で、気まぐれで、気高く、神秘的。 リビアヤマネコが全てのネコの祖先というのは初見。 人の声を聞き分けることができ、耳で喜怒哀楽を表していることに加え、母性本能が強く、瀕死の状態でも娘ねこの鳴き声に反応する母ねこの話(104ページ)には感動しました。

Next

KAKEN — 研究者をさがす

九州大学理学部卒、理学博士、動物学者。 しかし、身近な存在でありながら、その能力はあまり知られていない。 続きを読む 新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 知られざるねこの「強さ」「五感」「観察力」「治癒力」などに迫る。 時速50キロで走る。

Next

【ブックレビュー#23】『ねこの秘密』 山根明弘 著

そして、この人に「ねこの生き方」を書いてもらおう、それを通じて、「人間の生き方」を読者に考えてもらう新書を作ろうと思ったのでした。 つまり人間の責任が求められており、ねこブームだからこそ、殺処分のない、ねこに優しい社会の実現に向けた更なる取組が必要と思いました。 山根教授は九州大大学院理学研究科に在学中の1989年から新宮町の相島で野良猫の研究を始めた。 ) それから、トラやライオンが支配するなか、中型・小型のネコも別に勢力を伸ばしてきたのは、なぜなのでしょう。 どんな一生を送るのか。 でもふと、ねこがどんな一生を過ごし、どんな喜怒哀楽に身を任せているのか知らない、と思いました。

Next

ねこはすごいの通販/山根 明弘 朝日新書

さらに著者の研究ではDNA解析により猫集団の親子関係を確定し、雌から見て遠隔集団に属する雄猫が近隣集団の雄に比べてより繁殖に成功しやすいことが見出されている。 写真は本文と関係ありません) 空前の「猫ブーム」といわれる昨今、メディアでは猫が連日取り上げられ、インターネットも猫の画像があふれかえっている。 九州の玄界灘に浮かぶ相の島で7年にわたって、ねこのフィールドワークを行い、その知られざる生態を研究。 "Fee … Journal of the Mammalogical Society of Japan 19 1 , 9-20, 1994 Cited by 2. 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ジャンルでさがす• 1960年に264人だった漁協の組合員数は47人に減り、旅館は5軒から1軒となった。 猫好きは大いに頷いて読み進めるわけです。

Next

山根 明弘(ヤマネ アキヒロ)人間科学部 社会福祉学科 教授

以前紹介した『恐竜は滅んでいない』など面白いラインナップですので、要チェックです! 見習いブックソムリエ 島村 <OBPアカデミアについて> 大阪ビジネスパーク活性化を目的に誕生したコワーキングスペースです。 環境省によると、全国の猫の殺処分はピークの1991年度の33万3457匹から2015年度は6万7091匹に減った。 ねこの嗅覚は人間の約10万倍 ねこのニオイ情報の世界 cauxin旺盛なオスねこの尿 ねこのヒゲ ねこの味覚 【第3章】ねこの「治癒力」 ねこは健康によい? おすすめ記事 +• 役場にふんにょう被害を訴える島民はいない。 ネコの毛の問題とか、感染に関する諸問題は余り扱われていないという印象を持ったが、猫嫌いの人の立場でないと書かれないことなのかもしれない。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 そんなことはわかりきっているのに、隣の芝、いや隣のねこが青く見えました。

Next

ねこ学への招待:「ねこ博士」山根教授の研究室訪問 調査七つ道具 西南学院大博物館で6月29日まで /福岡

私たちも頑張らなくちゃ。 知られざる「ねこのすごい力」に迫る。 猫を愛するということ… 我が家は、相変わらず、3人の人間と2匹の猫による珍道中ならぬ、珍生活が繰り広げられています。 -インタビュー(2014. そこで今回は切り口を変えて、動物学者の研究成果からねこ魅力に迫る一冊を紹介します。 山根さんの調査によると、集落周辺の猫は飼い猫を含め約170匹だという。

Next

山根 明弘(ヤマネ アキヒロ)人間科学部 社会福祉学科 教授

【商品解説】 熊より強い、3メートル以上跳ぶ、人の死を予知、家電も使えるetc. 招き猫文化 ねこブームは、昔からあった! 本書では上記のようなことも少し触れられているが、それ以上にネコという生き物についてより一般的ことが、社会的な領域までの広がりを持って述べられている。 世界で初めてDNA型による野良猫の親子判定をするなど研究を重ねている。 どんな恋をするのか。 国立環境研究所、京都大学霊長類研究所を経て、北九州市立自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館)学芸員。 『ねこの秘密』は「隆祥館書店 作家と読者の会100回突破記念」で原孝寿氏の推薦図書に指定されています。 社会のなかで活躍するねこたち 【第4章】Cool Japan! 島の人口も、お年寄りたちは「戦後の一時期は今より1千人は多かった」と口をそろえる。 W生態や行動などの最新情報を紹介。

Next

わたしのノラネコ研究 / 山根 明弘【著】

そうなんです。 九州大学理学部卒業。 現代の「ねこ事師たち」 【第5章】人とねこの共存社会にむけて 不幸な飼いねこをどうやって減らすのか 殺処分されるノラねこを減らすには 各地に広がる地域猫活動 ねこも人も幸せに暮らせる社会とは 凄いの売りは、第1章、第2章のネコについての動物生理学的な話だと思う。 基礎的なことをきちんと知っておこうよという著者の呼びかけのようでもあり、これはこれで意義深いと思う。 作品紹介 人類1万年の友の秘密を私たちはまだ知らない。 ねこ(の原種)と人類が出会って、およそ1万年。

Next