ほしゅそくほう。 「ネトウヨサイト裸祭り」が登場。月4500万PVの「保守速報」を対象に、広告はがしを目指す

保守速報|ワロタあんてな

07月16日 16:34• 場所にと他にも番組を追加していきます! 経済評論家、作家の上念司の公式チャンネルです。 2億倍、面白い!! 07月15日 11:52• 5 市長は、第1項の規定による公表に当たっては、当該ヘイトスピーチの内容が拡散することのないよう十分に留意しなければならない。 ネトウヨと対話する試みはこれまで全て失敗した。 ノベルティグッズを販売するという形で運営費をねん出する救済策が提示されています。 ~省略~ ヘイトスピーチ抑止条例により、大手ヘイトまとめブログ「保守速報」管理人の名前「栗田香」が公表されました。 2ちゃんねる掲示板から無断転載した書き込みのほかに、独自に記事を書くこともある。

Next

保守系ブログ・サイト一覧

わかりやすい例だとNaverまとめがありますね。 この弁護士が「在日特権についてはよく知りません」「陳述が長い」などと発言したとの報告あり。 保守速報のまるで子供のような言い訳が荻上チキ氏のブログにまとめられている。 自治体がこのようにしっかりと動いてくれるのは、ヘイトスピーチ等を浴びた被害者にとってはありがたいものである。 民法上の不法行為などに問われるのみです。

Next

保守速報

11月22日に首相秘書がこれをFacebookで紹介すると、24日に安倍首相の公式アカウントがその投稿をシェアする形で紹介。 名実ともに差別主義者と認定されたことになります。 2019. 2019. 騒動の一端となったTwitterアカウント「民主くん」についても、非公式なものだと説明した(関連記事)。 (コピペブログ)の一つ。 このチャンネルは時事ネタからうp主の気が向いた内容をゆっくり動画形式にしてお届けするチャンネルです。 その民法上の不法行為として、まとめる行為が認められたという事は、色々考えさせられる判決だと思います。 ただし、当該公表に係るヘイトスピーチを行ったものの所在が判明しないとき又は当該公表の内容が次条第3項の規定に基づき第7条の規定による大阪市ヘイトスピーチ審査会(以下「審査会」という。

Next

もえるあじあ(・∀・)

2018年12月、フリーライターの李信恵氏の出自を取り上げて差別的な記事を投稿したとして、裁判所から200万円の損害賠償の支払いを命じられた保守速報。 2015年4月16日 木 午後2時〜:第三回口頭弁論• 07月10日 14:24• 07月11日 12:21• 2020-05-04 00:35:00 虎ノ門ニュース・『放言BARリークス』・ニュース女子「あなたの知りたい真実、ここにあります」 日本の知性を集結し、「真実を伝える」を旨とし、みなさまに日本の針路を定める指針を提供いたします。 その他にも政治家が記事をリツイートしたりする事があり、その影響力の強さがわかりますね。 なお、管理人の性別については共同通信の報道で、男性であることが判明している。 )で次のいずれかに該当するもの ア 表現の内容が市民等に関するものであると明らかに認められる表現活動 イ アに掲げる表現活動以外の表現活動で本市の区域内で行われたヘイトスピーチの内容を本市の区域内に拡散するもの 2 前項の規定による措置及び公表は、表現活動が自らに関するヘイトスピーチに該当すると思料する特定人等である市民等の申出により又は職権で行うものとする。

Next

保守速報、大阪市ヘイト条例に抵触か? 運営者「松井市長から通知書が届きました」: J

高裁の判決では、ネット上の書き込みをまとめる行為を独立した表現であるとしており、それが判例として残る事となりました。 安倍が最も尊敬する人物が吉田松陰で、彼の門下生である太平洋戦争戦犯・岸信介が安倍のおじいさんだ。 日本右翼の思想的元祖である吉田松陰とその門下生が征韓論で嫌韓を具体化した。 そんなに読まれるのが嫌だったら、ポエムなんて書かなければいいじゃないですか。 jp に変更した。

Next

もえるあじあ(・∀・)

保守速報が裁判を起こされた経緯 2014年8月フリーライターの李信恵さんが人種差別的な表現により名誉を毀損されたとして保守速報と在特会に対して損害賠償を求める訴訟を大阪地方裁判所で起こします。 関連記事 関連記事おそ松クラ […][…]•。 大阪高裁は控訴人が一定の意図に基づき新たに作成した一本一本の記事(文書)であり、引用元の2ちゃんねるのスレッド等からは独立した別個の表現行為であると断定。 安倍政権が韓国のG7拡大参加に反対し、ユ・ミョンヒ通商交渉本部長の世界貿易機構 WTO 事務総長落選運動をする理由が多分ある。 07月14日 15:04• 裁判は2014年10月30日に第一回口頭弁論が行われました。

Next