仁王2 火属性。 【仁王2】属性状態異常の効果まとめ

【仁王2】酒呑童子の倒し方と攻略ポイント

神器のかけらを1個だけ混ぜて、後はひたすら同じ武器を作り続けるだけです。 ボス相手も効果があるので、ボス戦で苦戦しているなら効果的なスキルです。 [2020. 揃え効果のある武器についている浄属性、妖属性は希少性があるので、今使わなくてもストックしておいて損はありません。 妖属性 浄属性に比べて状況が悪くて、活躍の機会が乏しいのですが、ポテンシャルはある筈……。 生まれた時から付いていないと駄目。 しかし、現状の仁王はやられる前に高火力でやるというレベルデザインの為、体力や防御を上げるより火力を上げる方が優先度は高いと思われます。

Next

【仁王2】酒呑童子の倒し方と攻略ポイント

有名どころ、人気どころの武器だと、割と出回っている可能性が高いです。 特に2週目ではレアアイテムのために 開運符の出番が増えたりするので、2週目以降でおすすめのスキルも存在します。 [2020. 守護霊1: 八咫烏• 悪臭状態異常となると仙薬での回復量が半減し、使用時に嗚咽を漏らし身動きが取れなくなります。 0%が優良。 残心・天 次の攻撃のダメージがアップする。

Next

仁王2

6% 素手特化ビルド 素手のダメージは装備オプションで存在していて、継承枠になることもあります。 属性攻撃とは? 【仁王】の戦闘では 弱点属性に合った攻撃をすると ダメージを多く与えることができます。 09現在、攻撃力だけなら毒ビルドに勝てないので、火の敵への目潰し等の揃え効果を生かしていきたいです。 水 基本効果• 気力回復低下 気力回復速度と、残心の気力回復量が下がる。 混沌 混沌の状態異常。 【バフ】有利効果 攻撃増強 攻撃力アップ 防御増強 防御力アップ 移動加速 移動やダッシュ速度が上がる。 道中の敵を遠距離から処理できるので、ミッション攻略におすすめ。

Next

ビルド:属性特化ビルド|仁王2攻略

魂代1: 鬼火 水• 水の追加ダメージ• 以上が1週目のクリアするまでに使えたスキルです。 最後に 以上がVer1. 柴田勝家のように、 効く敵に使うと攻略難易度がかなり下がります。 火・水・雷の属性攻撃が可能。 守護霊2: 天御鳥• 金剛符・克金苻・護身苻 金剛符は防御力を上昇させ、克金苻は敵の防御力を低下させ、護身苻は一定量の被ダメージを無効化します。 持続時間は敵の耐水に大きく左右されますが、デバフの陰陽術である克金符よりは長持ちします。 7つ揃えが「装備の軽さに応じてダメージ増加AAA」なので軽装装備で大幅な攻撃力の増加が見込めます。 このwikiから転載する場合は、リンク等でこのwikiからの転載であることを明記して頂けると助かります。

Next

【仁王2】属性状態異常の効果まとめ

粘着 アイテムの使用と武器の切り替えができなくなる。 ゲーム設定に近距離武器表示、遠距離武器表示、プレイヤーキャラの返り血表示の項目が追加• フォトモードの追加• タケミナカタの恩寵 タケミナカタの揃え効果一覧 タケミナカタ 揃え効果 2つ揃え 攻撃の被ダメージ軽減 3. 悪質・不適切な編集・コメント・削除に対して 当サイトへのアクセス規制やプロバイダ等へ内容・投稿日時・IPアドレスの情報を連絡することがあります。 付帯効果• 各種調整• 気力を消費しないので、常闇ではかなり頼れるスキルです。 18からパラメータの上限値が99から200へ引き上げられたので、200まで上げているとかなりの攻撃力上昇効果が期待できます。 (歳殺神の酒は使用すると、獲得するアムリタの量が倍程度に増加するアイテムです。 イザナミは5つ揃え「黄泉水が消費されない76%」があり、3つ揃え「常世の中で体力回復」と噛み合っています。

Next

仁王2

今孔明の鎧5• 魂代3: 牛鬼 鎖鎌をメインにする場合の水ビルド。 ただし、防御力は低下する 幸運増強 一定量のダメージを防ぐ。 追加の気力ダメージ• 鎖鎌を使わないという場合には、防具2枠で十分になるので、選択肢がかなり広がります。 雷の追加ダメージ• 防具OPについては、攻撃力をとりあえず盛っておけば火力が出ます。 頭、手: 西国無双• 幻術は『 気力(妖力)が0の状態で当てるとダメージが高くなる』という特徴があります。

Next

仁王2: 浄属性と妖属性

妖怪の場合は、さらに気力上限が増加分相当減少する。 結界符は気力の回復速度が上昇し、常世を触れるだけで消すことができるようになります。 残心が何かしらに派生する槍、旋棍などの武器だと重要度が高まります。 カグツチを使用すれば4つ揃え効果まで発動できます。 妖怪がこの状態異常になると、さらに増えた気力ダメージ分の気力最大値がへる。 [2020. 敵によって効果の差が激しいです。

Next