いろは に 愛 姫 ボーナス 察知。 【時給約1845円】いろはに愛姫0Gでできる設定判別方法について

大都「Sいろはに愛姫」!「7を狙えの押し順成功率」に左・中・右の設定差あり!

例えば設定左の場合は3択押し順ナビは左の振り分けが多いです。 ビタ押しをメインとするディスクアップとは違うものの、面白いゲーム性ですね。 最近の6号機の傾向からみられる、有利区間が終わったら0Gやめばかりで攻めにくい感覚は覚えませんでした。 【ART】ART突入以降の青7図柄揃いは、連続で揃うと連舞による追加上乗せが発生。 3枚純増のART機で、継続システムはゲーム数上乗せ型。 そして実際にナビが当たった時に「どや!刺した!」と心の中で高揚感を得ました。 スロットで稼げる金額とは比べ物になりませんので、将来のためにもFXの練習をしておくことをオススメします。

Next

いろはに愛姫【設定示唆 判別 3択 押し順 朝一リセット やめどき】解析

チャンス目A 中段ライン リプレイ・リプレイ・スイカ チャンス目B 中段ライン リプレイ・ベル・ベル チャンス目C スイカはずれ目 になります。 3 枚でワロタwww. 8~104. 232枚の払い出しで終了、純増枚数は約150枚。 【いろはに愛姫】 だそうです。 ART抽選はなし。 優遇モード中にBIGボーナスに当選すると 優遇BIGボーナスに昇格する。

Next

ログインボーナス

左リールに中段チェリーが停止するといろはが成長。 小役成立時はもう一度同じ手順を踏む。 その他の場合は適当打ちでOK。 小役確率 通常時とボーナス中、ART中で異なります。 消化中のツバキのアクションに注目。

Next

いろはに愛姫(6号機)【スロット新台】解析・スペック・打ち方・設定判別・導入日・ゲーム性・天井まとめ

先ずは押順ナビの「決め打ち」から始めました。 チャンス目C:スイカハズレ レア小役別のBR比率 チェリー同時当選時 設定 BIG REG 左 40. スイカ停止時 スイカ or 中段ベル or チャンス目Cになります。 設定狙いで終日打ち込む場合にはコインロスをかなり抑えることができるんで、ボーナス成立を察知した場合は必ず実践していきましょう(^^) <解析まとめ・記事一覧>. 話題になっていた攻略法はこちら。 だからいつまでも養分なんだよ。 よくも悪くも通常時もART中もひたすらチャンス目待ちになってボーナス察知も単調なので、演出にあんまり期待できないという点が少し残念だなと…ゲーム性はクレアに近いかな。 成功すればARTのゲーム数を上乗せ! ダブル揃いすれば大量上乗せに期待。

Next

ログインボーナス

「上乗せの基本」 ・シングル揃いよりもダブル揃いの上乗せゲーム数が多い ・設定と正解の押し順が一致していると上乗せゲーム数が優遇 [設定と押し順の一致] 例えば、狙えカットイン発生時に左から押して青7が揃った場合、その台の設定が左であれば一致、中 or 右であれば不一致。 基本的に規定ゲーム数消化で終了するが、 ナオエ高確率は複数ストックが可能なので、 複数ストックしていればロング継続することもあり。 スイカ成立時の優遇モード移行率 設定 移行率 6以外 4. それにも関わらず103%を越えているから停止…103%を越えてるホールは間違いなくホール側の運用に問題があると私は思います。 「狙えカットイン」(押し順当て) 第1停止の押し順当て(3択)に成功し、青7が揃えばARTのゲーム数を上乗せ。 中、右リールは適当押しで構いません。

Next

稼働停止・回収騒動で話題の「いろはに愛姫」を内覧時に設定看破のし安さを指摘したホール関係者に営業マンが返した一言が…

当選時点でARTゲーム数を最低10Gの上乗せ。 リーチ目など出ますし中押し青7狙いしてると単独青頭ボーナスを成立ゲームで揃えられますよー。 なお「青7を狙え」演出発生時は、押し順当てにチャレンジして偏りを見抜こう。 一度も青7が揃わなかった場合、通常時は最低30G(ART中は最低10G)を獲得してARTへ移行する。 優遇BIG昇格率 設定 当選契機 スイカ チェリー チャンス目 中段チェリー その他 6以外 6. 設定6のみ優遇。 確かにスマホで動画見ながら打ってる輩はちょくちょくいますし、いい感じはしませんよね。

Next

稼働停止・回収騒動で話題の「いろはに愛姫」を内覧時に設定看破のし安さを指摘したホール関係者に営業マンが返した一言が…

設定6は当選率が高い。 中段に押した場合は右下がり、下段に押した場合は中段にピンク7が揃う。 ボーナス察知手順 まず 「右リール中段にBARをビタ押し」 以下停止形で打ち分ける。 押し順に正解すると、ARTゲーム数が上乗せされる。 全国にいる愛姫ファンの皆さんは気をつけてください。

Next