バミューダ 海域。 バミューダトライアングルの謎、ついに解明へ! 真実は“六角形の穴”に隠されていた

「バミューダトライアングル」船舶や航空機が痕跡を残さず消える魔の海域の真実とは

(以下、謎解きに続く) 謎解き ドラゴン・トライアングルは、主に海外で流通している話である。 ところが、こういった【伝説】は広く知られていても、その真相はほとんど知られていない。 バミューダトライアングルでの不審な事故はオカルトや超常現象の一種として扱われることも多く、世界でも最も有名なミステリーのひとつに数えられています。 だが、この事件の最大のミステリーは、この男が一度死んで水葬にされてから、今回発見されるまでの期間である。 出発当初、C133カーゴマスターからは順調に飛行していると無線が入っていました。 その日の朝にはアメリカ東部で雪が降り、風速は11~15メートル、最大瞬間風速は20メートル、波の高さは3メートルという状況だった。 このことからもわかるように、バミューダトライアングルの海域は、何らかのきっかけで大量の天然ガスが噴き出す可能性があるのだ。

Next

謎のバミューダ海域 完全版 (徳間文庫)

海の中に一歩入ればカラフルな魚達が出迎えてくれます バミューダの魅力と言えば何と言っても透明度の高い海!今までカリブ海の多くの島々を訪れて来ましたが、この島の透き通る様な海の情景はまさしく感嘆の一言。 今でも年に、百隻もの船が行方不明になっています。 そして、宇宙人が人間を誘拐するために、船や航空機の航行システムを妨害しているのではないかという噂がひろまった。 空の事故、海の事故、共にどでも起こり得る事故であり、それを恣意的に結びつけることで「魔の海域」の伝説が作り上げられたのだ!! メタンハイドレート説 バミューダトライアングルの海底には大量のメタンハイドレートが眠っている。 Navy マリナー号「フライト19は未だ発見できない。 今回は財宝にまつわる情報について調査しました。

Next

日本の魔の海域「ドラゴン・トライアングル」

現在の真相を明かせば、 日本政府は500億円をかけて発掘したものの商業化には至っておらず、バミューダトライアングルでメタンハイドレートの発掘が行われる可能性は低いでしょう。 それは時間が停止している世界だからです。 つまり、冒頭から3、40分を辛抱強く見る事ができれば、後半に向かうほど面白くなって来るのだ。 バミューダ海域で、カルロス・ジェラルド、ホセ・トーレス、チセローネ・モーヤの三人の漁師が操業していたところ、突然嵐に遭い、船が沈没しそうになった。 謎の場所バミューダトライアングルの中空で消えた様子から映画にも取り上げられた失踪事件。 現場に残されていたのは、軽石の破片が絡み合う木片だけで、あとは何も残されていなかった。

Next

謎のバミューダ海域 完全版 (徳間文庫)

内容は「C54の現在の場所」を教えてほしいとのことでした。 さらに第五海洋丸は9月24日午前10時頃には明神礁に到着しており、連絡を絶った正午頃には明神礁で噴火が確認されている。 他にも磁気が影響している説とか、人為的な破壊説などいろいろあるみたいです。 画像:pixabay その雲は男性が乗る飛行機の後を数回にわたって追いかけるように接近しました。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 予定航路ではフォート・ローダデール基地から東(謎の場所バミューダトライアングル)に向かい、北上してから南西へと進路を変更。 そのどこまでも青く、深く、神秘的な様子は、地球上のものとは思えない程に美しい。 バミューダトライアングルでの失踪事件まとめ! 謎のバミューダトライアングルの場所と歴史を見てきましたが、今度は謎のバミューダトライアングルでの飛行機失踪事件の真相概要を探っていきましょう。

Next

バミューダトライアングル真相解明!海底に眠るクリスタル・ピラミッドの謎

また、フライト19飛行機失踪事件や謎のバミューダトライアングルにまつわる書籍も出版されており、映画の公開当初は謎のバミューダトライアングルの真相解明が一種のムーブメントとなったのです。 海に流されていったとすれば、筋が通りますが、 1号機の機体の破片すら見つからなかったのは衝突事故として不自然な真相概要です。 しかし高度を下げすぎたため、 近くの家の松の木に接触。 この事実に基づけば彼は、軽飛行機で30分間飛ぶ距離を、瞬間的に移動したことになる。 なんだか説得力があってそれっぽい話しですね。 しかもここは暴風雨や、ハリケーン、竜巻までもが多発する難所です。 だるま女とは? みなさんは、「だるま女」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

Next

魔の海域!?バミューダトライアングルの真相

三角形を描くようにして基地へと戻る計画でした。 またポール・スマイス中佐とリチャード・レオナルド中尉が乗っていた飛行機は、 離陸後すぐに問題が起きたと無線連絡している。 従って常識的に考えれば、死の判定に誤りがあって、水葬にされた後、袋の中で生き返ったことになる。 仮に、両飛行機が何らかのトラブルでお互いに衝突すれば、行方不明の1号機の残骸が見つからない点が不自然です。 イギリスという国は点(港)で新たな土地を入手する傾向があり、それは現在も続いています。 1号機の機長から基地に戻る旨の通信が入ります。 そのため、現在、バミューダドルは米ドルと同じレートで計算されます。

Next

「バミューダトライアングル」船舶や航空機が痕跡を残さず消える魔の海域の真実とは

最も有名な事件は、次のようなものです。 そのような時に、この近付にいる船や飛行機が、小世界の中に呑み込まれてしまうのです。 船員たちは、びっくりした。 2017年というと21世紀です。 アクション・シーンもあるが、感情移入が出来ないと言うか、二人が組織に拉致されても、すぐに解放され、どこか緩い感じで物語が進行するのだ。 混乱する男性をよそに突如無線の調子が悪くなり、突然音声が途絶えてしました。 また、失踪した船や飛行機はその残骸さえ発見されません。

Next

「バミューダトライアングル」船舶や航空機が痕跡を残さず消える魔の海域の真実とは

これらを考えれば、噴火に巻き込まれて沈没したことは明らかである。 メタンハイドレートのブローアウト説 科学的な仮説としては、海底で大量に一時に発生するブローアウト現象でメタンの泡が航行する船の浮力を奪うとするメタンハイドレート原因説。 そこに入り込んだときのままで、存在しているのです。 ここでフライト19との無線は一旦途絶えますが、しばらくして再度管制塔に通信が入ります。 さらに、さらに驚くべき報告がある。 消息を絶つ直前にや計器の異常等の兆候があるとされる [ ]。 たとえば1952年に起きた 第五海洋丸(「海王丸」は誤り)は、海上保安庁の明神礁観測船で、観測中、火山の噴火に巻き込まれて瞬時に沈没したと考えられている。

Next