オスカー ワイルド 映画。 さすらいの人 オスカー・ワイルド : 作品情報

オスカー・ワイルド (映画)

都市伝説・武勇伝2「恋多きその生涯」 恋人とされるアルフレッド・ダグラス卿と映るオスカー・ワイルド(左) フランク・マイルズ。 なぜなら、それこそがその人の人格の本質的な部分であるからだ。 牢獄で健康を害したオスカーはパリの安ホテルで余生を送り、1900年11月30日に46歳で死亡します。 そのことを、 ダグラスさんの父から 当時有罪であった同性愛の告発を 受け敗訴し、投獄されます。 更に、甘やかされて無軌道で生意気という、美しい者にのみ許される非常にやっかいな性質も持ち合わせていた。 サロメ• 母親エスペランザ(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)は誇らしげだった。 これはワイルドが当時ヴィクトリア朝の英国で美徳とされていたプロテスタントの「清く貧しく美しく」という教えに対して述べた言葉である。

Next

オスカー・ワイルド

背中を痛めていたコンスタンスが死去し、子ども達に会うことも禁止されてしまったのです。 マスクを渡そう、そうすれば本当のことを話してくれるだろう。 ワイルド(左)とボウジー(1893年撮影)。 医者である父と詩人である母の才能を受け継いだ彼は、もしかすると作家以外の道に進んだとしても大成できる、かなりの完璧人間だったのかもしれませんね。 ボジーは敵意に満ちた目で、オスカーは自分のものだと言い捨て去っていきます。 ロングフェロー、オリヴァー・ホームズ、ホイットマンとも知り合った。 怒りのおさまらぬ侯爵から、今度は逆にワイルドが男色罪(正しくは複数の青年といかがわしい行為をした猥褻罪)で訴えられてしまう。

Next

brooketaylorbooks.com: オスカー・ワイルド【字幕版】 [VHS]: スティーブン・フライ, ジュード・ロウ, ヴァネッサ・レッドグレーヴ, ブライアン・ギルバート, スティーブン・フライ: ビデオ

原題は「Wilde」。 当時の法の中では「同性愛は罪」とされていました。 次に収録されている「ナイチンゲールとばらの花」も、雰囲気こそ似ていますが、こちらは恋心と、自己犠牲の精神にフィーチャーしており、それらが全く報われないシュールな短編です。 愛のない人生など、太陽が出ず、花々が枯れてしまった庭園のようだ。 どこかのサイトでそういう作品の二次創作小説を書いていたりもします。 悲劇的で感動もありますが、何とも言えないやるせなさが印象的な作品です。 アルフレッド・ダグラス…。

Next

「オスカー・ワイルド」 映画の感想と覚書

ボジーは何かある度に父親そっくりになって暴言を吐き、それを後悔しています。 オスカー・ワイルド 1854-1900 わずか46歳の人生の間に、「 真面目が肝心」などの喜劇から、悲劇「 サロメ」、「 嘘の衰退」などの後世に残る芸術論まで生み出しました。 二人は恋人だったのではといわれている。 ご紹介したのはどれもとても有名な作品ですが、改めて読み返してみると、きっとまた新しい発見があると思います。 釈放の日。 ワイルドは37歳になっていた。

Next

オスカー・ワイルド

欧州は1873年~1896年の間、世界初の同時恐慌(The Long Depression)に見舞われていた。 猟奇的かつ背徳的、そしてエロティックかつ悲劇的で、何より美しいその作風は、オスカーの得意とした「耽美主義文学」の王道にして頂点と呼ぶに相応しい、紛れもない名作です。 ボウジーと呼ばれるようになったのは、彼を溺愛した母親が、 「坊や」を意味するボイジー(Boysie)を縮めた ボウジー(Bosie)という愛称をつけたことに始まる。 とはいえ、年表などを見ていくと「貴方がそれを言う?」と若干首をかしげたくなる言葉でもありますが。 どこに行っても幸せを生み出す人がいれば、その一方でいなくなれば幸せを生み出す人もいる。

Next

オスカー・ワイルドの名言(英語&日本語)

オスカーワイルドのネタバレあらすじ:法廷闘争 クィーンズベリー卿は、息子の自殺の責任はオスカー達にあると主張していました。 1997年イギリス映画。 子供にも恵まれ、円満に見えた結婚生活だったが、ロバート・ロス(マイケル・シーン)という青年により同性愛の味を教えられたワイルドはその道に耽溺するようになる。 もしあなたの心が非常に高貴なものであるのならば、絶対に誰もそれを盗むことはできない。 3位 Always forgive your enemies -- nothing annoys them so much. 審美主義と個人主義、無律法主義を掲げギリシャ神話に精通していたワイルドは、ボジーをナルキッソスの実現と言い離れられなくなる。 作品の世界観を高めている、有名なビアズレーの18枚の挿絵も見どころです。

Next