東松山 市 ハザード マップ。 内水ハザードマップ(浸水実績箇所図)/東松山市ホームページ

東村山市防災ガイドマップについて/東村山市

閲覧・印刷用データ. ハザードマップ(浜松市防災マップ・津波浸水深マップ)• まつやま洪水ハザードマップ 【石手川版】 平成28年5月30日に国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所が公表した国管理部分と平成29年1月27日に愛媛県が公表した県管理部分を合成した石手川の浸水想定区域(想定最大規模:24時間総雨量705mm、1,000年に一回程度の規模)に基づき、石手川が氾濫した場合に、浸水が想定される区域や浸水の深さ、指定避難所などを表示しています。 実際に災害が発生してしまった時、発生しそうな状況の中でこのハザードマップをどう活かせば良いのか?という具体的なことは分からないけれど、自分が生活する東松山市のハザードマップを改めて確認してみようと思いました。 テレビのインタビューを見ていると「何十年もここに住んでるけどこんなのは初めてだ。 平成30年3月に作成した防災ハザードマップを、『広報津山(平成30年5月号)』と一緒に配布していますが、以下においてもダウンロードできますので、どうぞご活用ください。 気をつけたいのは避難所が東中学校と新宿小学校エリアの場合。

Next

東松山市の水害予測

洪水ハザードマップの更新 東京都が公開している当市に関係する河川流域の浸水予想区域図が改定されたことに伴い、洪水ハザードマップを更新しました。 地震その他の災害時にはこの2つの学校は避難所として活用出来るはずだが、こと水害に関しては浸水被害が予想されている中にあるので万一の場合は他の避難所に向かってください。 どうぞ皆様お気をつけてお過ごしくださいませ。 そこで松山市では、大雨による被害の軽減を目的に、平成22年度から平成27年度にかけて作成・公表してきた内水ハザードマップを1つの冊子にまとめ、日ごろからの準備をはじめ、いざというときの行動、大雨時に浸水する可能性がある区域や深さ、危険な箇所などの情報を掲載した「まつやま 内水 ないすい ハザードマップ」を作成し、平成29年2月から3月にかけて市内全戸配布しました。 防災ハザードマップは、災害の危険度を地図上に表したもので、地域の災害に対する備えの強化、住民の皆さんの災害時の避難や危険回避など、自主的な行動を支援することを目的に作成しています。

Next

東松山市ハザードマップ

お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。 ページを見つけられない・・・ という事で「東松山市 ハザードマップ」と検索したら一発で表示されました。 中央区、兵庫区の土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)等については、をご覧ください。 但し、最新版は平成29年3月に更新されていますのでご確認くださいませ。 詳しくは、をご覧ください。 紙に印刷されたハザードマップを、危機管理課、各区役所区振興課及び協働センター(舞阪、引佐、三ヶ日、春野、佐久間、水窪、龍山)にて配布します。 まつやま 内水 ないすい ハザードマップの配布場所 松山市へ新しく転入されてきた方やまつやま内水ハザードマップを失くされた方などは、下記の場所でまつやま内水ハザードマップをお渡しすることができます。

Next

まつやま土砂災害ハザードマップ 松山市公式ホームページ PCサイト

なぜわざわざ水害のハザードマップに浸水地域の避難所を表示する必要があるのだろうか!? そして都幾川周辺の水害ハザードマップ。 更新版の洪水ハザードマップは、令和2年5月1日市報で各ご家庭に配布しております。 (平成31年4月12日更新)色弱者をはじめ、より多くの人に分かりやすい情報提供を行うため、市内の主要河川流域ごとの洪水ハザードマップの色合いを変更しました。 このような中、過去に発生した浸水に関する情報等を提供することにより、被害の最小化と自助による対策意識の向上を計っていただくため「東松山市 内水ハザードマップ 浸水実績箇所図 」を作成しました。 0の地震の被害予測及び震度分布を地図上に表したもので、市全域を約250メートルのメッシュで細分し、被害の程度ごと又は震度分布ごとにメッシュの線を色分けしてあります。 きっと川の管轄とか調査したのが県なのか国なのかっていうことだと思うけど・・・統一出来ないものなのかな。 令和元年6月1日号広報まつやまと併せて、土砂災害警戒区域を含む地区内の世帯や事業所に配布いたします。

Next

津山市防災ハザードマップ

しかし。 発行日・部数等 発行日 2020年4月 発行部数・河川 発行部数:3万部 発行河川:重信川・石手川 規格 A1版・両面 (地図面)洪水ハザードマップ (啓発面)ハザードマップの使い方や情報の入手方法、避難の方法など まつやま洪水ハザードマップ 【重信川版】 平成28年5月30日に国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所が公表した重信川の浸水想定区域(想定最大規模:24時間総雨量626mm、1,000年に一回程度の規模)に基づき、重信川が氾濫した場合に、浸水が想定される区域や浸水の深さ、指定避難所などを表示しています。 ・河川水路課(松山市役所第3別館3階) ・市民課、支所、出張所 ・消防署、消防支署、救急出張所 ・市民サービスセンター(松山三越、フジグラン松山、いよてつ高島屋) よくあるご質問 よくあるご質問をまとめましたので、ご不明な点がございましたらぜひご参考ください。 神戸市ハザードマップ(土砂災害・水害に関する危険予想箇所) 令和元年度の情報を掲載しています。 このハザードマップに示した箇所以外でも災害が発生する恐れがありますので、正確な情報を入手し、早目の避難を心がけてください。 3 洪水ハザードマップ 大規模水害が発生した場合の浸水予想区域を示した地図です。

Next

まつやま内水ハザードマップ 松山市公式ホームページ PCサイト

当該市町村の地震ハザードマップを御覧になりたい場合には、直接市町村にお問合せください。 計算のための単位は250mメッシュで、「液状化可能性」をランク分けしています。 このマップは、市内において、平成9年度から平成29年10月までの間、市民の皆様からの申し出により、内水はん濫による浸水被害が確認された箇所のほか、道路冠水箇所、避難所等の情報を地図上に示したものです。 まつやま洪水ハザードマップ 更新日:2020年4月1日 想定最大規模降雨(1,000年に一回程度の規模)の浸水想定区域や避難所等を示した「まつやま洪水ハザードマップ」を作成しました。 表紙 近年、局地的大雨の増加と都市化による田畑などの減少により、住宅や道路などへの浸水被害が全国各地で多発しております。

Next